印刷 | 通常画面に戻る |

インド帝国

1877年、イギリスのヴィクトリア女王を皇帝として成立した植民地帝国。

 イギリスは1857年のインド大反乱が勃発すると、翌年東インド会社を解散して、インドを実質的な直接支配に置いた。形式的には1877年、ディズレーリ首相のもとで、ヴィクトリア女王がインド皇帝を兼ねることによって、インド帝国が成立した。これは、19世紀末のイギリスの一連の帝国主義による植民地政策である。この後、インドはイギリス植民地帝国の最も重要な一部として、その帝国主義政策の基盤となり、綿花アヘンなどの商品作物生産に特化されていった。
 このイギリスの植民地支配は、1947年のインド・パキスタンの独立まで続くが、その間、インドの民族運動が次第に強まっていく。