印刷 | 通常画面に戻る |

三角貿易(19世紀)

19世紀のイギリスが本国とインド、中国を結ぶ貿易。イギリスが大きな利益を得た。

かつての17世紀から18世紀の三角貿易は、イギリス(及びフランス)・西アフリカ・西インド諸島およびアメリカ大陸の三カ所を結ぶ大西洋上の三角ルートで展開され、アフリカから西インド諸島・新大陸への黒人奴隷を運ぶ奴隷貿易と、西インド諸島からの砂糖と新大陸からのタバコ、綿花などをヨーロッパに運ぶのがその中心であった。

19世紀の三角貿易

 19世紀のイギリスの三角貿易は、インドのアヘンと、中国のを結びつけるものであった。イギリスと中国の当初の貿易は、中国産の茶をイギリスが銀で支払うという、イギリスにとっての輸入超過状態であった。そこでイギリスはインドと同じように綿織物を中国に輸出しようとしたが、現地中国の綿織物業で生産される綿布(南京木綿)に質、および価格の面で敗れ、思うように売れなかったのでイギリスはインド産のアヘンを中国に輸出しようとした。東インド会社がベンガルのアヘンの専売権を得て、それを精製し、ジャーディン=マセソン商会などの貿易商に中国に密輸させたのである。それで得た銀で茶を買い付け、本国で販売し、本国の綿織物などの工業製品をインドに売りつけた。これによって中国の銀は大量に流出し、イギリスはその銀をアメリカからの綿花輸入の支払いにも使用し、国内の綿織物工場の原料とした。このように、中国市場は茶の輸出とアヘンの輸入によって、資本主義の世界市場に巻き込まれ、18世紀とは逆に銀が流出し、中国経済は大きな打撃を受けることとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 東アジアの激動