印刷 | 通常画面に戻る |

北洋艦隊

清末に李鴻章が中心になって建設した西洋式海軍。1888年に編成を完了。日清戦争で日本海軍に完敗した。

 1874年、日本軍の台湾出兵に衝撃を受け、琉球帰属問題に直面した清朝政府は近代的な海軍の創設に乗り出した。直隷総督兼北洋大臣としてその中心となった李鴻章は、国産の軍艦建造はあきらめ、イギリスのアームストロング社に巡洋艦二隻、ドイツのフルカン社に戦艦二隻を発注した。巡洋艦の超勇・揚威は1881年に、戦艦の二隻定遠・鎮遠は清仏戦争後の1885年に回航された。さらに1887年には軍港として旅順が築港され、1888年に北洋艦隊の陣容が完成した。北洋艦隊は、直隷総督北洋大臣の李鴻章の管理下に入った。 → 清の動揺

日清戦争での北洋艦隊

 北洋艦隊はその後も巡洋艦などを加えて陣容を整え、イギリス海軍士官を指導教官として訓練に当たり、提督として丁汝昌が指揮に当たった。北洋艦隊の存在は日本を仮想敵国としたものであり、日本にとっても脅威であったが、しかし、その後は建艦は停止され、また海軍としての練度も不十分であった。李鴻章はこの艦隊の実情を認識していたので、日清戦争には乗り気ではなく、一部急進派を抑えられず会戦となってからも極力出航をさせないようにしたという。やむなく出撃した軍艦二隻は黄海海戦であえなく日本海軍に撃沈されてしまった。北洋艦隊は軍港旅順と威海衛に追い込まれ、降伏した。

Episode 頤和園に化けた艦隊建造費

(引用)清朝は新北洋艦隊の建設にのりだし、1888年、正式に成立した。それは、ドイツから購入した当時の最大級の戦艦定遠、致遠(各7335トン)を中心に、新式巡洋艦、魚雷艇を含む大小五十隻、約5万トンから成り、同時代の日本海軍をしのぐものだった。だがその後清朝は軍艦購入を停止し、海軍経費2千万両をもって、西太后の還暦を祝う頤和園造営費にあてた。他方、日本はこの間、機動力にすぐれた十隻の中小新鋭艦を購入し、自力で建造した巡洋艦・鉄甲艦多数を含めて、1894年当時までに五十五隻、六万トン余の大海軍を建設した。  とくに、北洋艦隊には一門もなかった最新の速射砲155門をそなえた。その結果、94年の時点で、北洋艦隊は日本海軍にくらべて、主力艦の平均時速において一海里遅く、平均艦齢において二年古く、砲の発射速度において、4―6倍遅い、という劣勢におかれた。<小島晋治/丸山松幸『中国近現代史』1986 岩波新書 p.42>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 エ.東アジア国際秩序の再編
書籍案内

小島晋治・丸山松幸
『中国近現代史』
1986 岩波新書