印刷 | 通常画面に戻る |

中華革命党

袁世凱政府の弾圧によって国民党が解散下の地、1914年に孫文が亡命先の東京で結成した秘密結社方式の政党。袁世凱の帝政に反対して第三革命を進め、その死によって1917年、関東軍政府を樹立。しかし、軍閥政府に破れ上海に逃れる。1919年、五・四運動の高揚を見た孫文は、同年大衆政党としての中国国民党に改組した。

 第二革命の失敗、袁世凱の大総統就任という情勢を受けて、1914年7月、孫文が前年に解散した国民党の勢力を再結集し、亡命先の東京で結成した政党。議会制に備えて結成された国民党が袁世凱の弾圧で解散に追い込まれたため、孫文は再び秘密結社的な革命集団が必要と考えた。党員には孫文個人への忠誠を尽くすことも求められた。このような孫文の絶対化に対してはかつての同志からの批判も強く、黄興や李烈鈞らは袂を分かち、参加しなかった。そのため党勢はのびなかった。

中国国民党に改組

 この間、第一次世界大戦が勃発、日本の二十一カ条の要求に対して、袁世凱はそれを受け入れながら、権力の強化を図り帝政を樹立しようとしたが、帝政反対運動である第三革命が起こり、1916年に死去した。孫文は翌1917年に広東軍政府を樹立したが、袁世凱に代わった軍閥の段祺瑞政権との戦いに敗れ、上海に逃れた。そのような中で、1919年の五・四運動が起こり、その動きを見た孫文は、秘密結社ではない大衆的政党の組織化が必要と判断し、中華革命党を中国国民党に改組した。
印 刷
印刷画面へ