印刷 | 通常画面に戻る |

イラン立憲革命

1906年にイランで起こった憲法の制定と議会開設を求めた民衆蜂起。

 1906年、民衆が憲法の制定と議会開設を求めて蜂起すると、カージャール朝はその要求に応じて議会の開設を認め、同年12月にイラン憲法が成立した。その直接の契機となったのは、1904~5年の日露戦争での日本の勝利と、1905年に勃発したロシア革命(第1次)だった。戦争と革命によってロシアからの砂糖などの物資が止まり、民衆生活を圧迫、シーア派の法学者であるウラマーを先頭に政府批判を始め、日露戦争における日本の勝利は、立憲主義をとる国の、専制主義の国に対する勝利として捉えられ、各地に憲法の制定、議会の開設を要求する声が強まった。運動の高揚に押されたカージャール朝のシャーは保守派の大臣を罷免、議会を開設し、イラン憲法を制定した。この憲法はベルギー憲法をモデルにしたもので、次のパフレヴィー朝でも機能し、1979年にイラン革命が起きるまで存続した。一方イギリスとロシアは1907年英露協商を結び、イラン北部をロシア、東南部をイギリスの勢力圏とし、中間を中立地帯とすることで合意するという、帝国主義的分割協定を行っていた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 キ.西アジアの民族運動の立憲運動