印刷 | 通常画面に戻る |

同盟国

第一次世界大戦で三国同盟の独墺を中心とした陣営。

第一次世界大戦で軍事同盟を結んで陣営を構成した、ドイツ帝国・オーストリア(オーストリア=ハンガリー帝国)・トルコ(オスマン帝国)・ブルガリアの4カ国を同盟国 The Leagues という。その中核となったのがドイツ帝国・オーストリア・イタリアで結成されていた三国同盟であったが、この三国のうちイタリアは開戦当初には中立を表明し、1915年にロンドン秘密条約を結んで三国協商側についた。同盟国と戦った陣営を連合国(または協商国)という。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 ア.第一次世界大戦の勃発