印刷 | 通常画面に戻る |

南洋諸島

第一次世界大戦で日本が占領、ヴェルサイユ条約で日本の委任統治領となった。

 南洋諸島とは広大な太平洋の南方に広がる、マリアナ諸島、カロリング諸島、パラオ諸島、マーシャル諸島などの島々をいう。この海域には、ビスマルク時代末期のドイツが進出し、1885年、ニューギニア北東部を占拠して「カイザー・ヴィルヘルム・ラント」と名付け、さらにそこに隣接する諸島を「ビスマルク諸島」と名づけた。ドイツはこれらを保護領として事実上は植民地支配を行った。しかし、その支配はドイツが第一次世界大戦で敗れたため、長続きはしなかった。

日本の委任統治

 第一次世界大戦が始まると、日本は南太平洋におけるドイツ領(南洋諸島)に海軍を派遣し、1914年12月にトラック諸島に拠点を築き、実効支配を開始した。1917年にはイギリス、フランス、ロシア、イタリアと秘密裏に交渉して戦後の日本領併合の合意を得ていた。しかし大戦後のパリ講和会議が始まると、アメリカのウィルソン大統領は、日本の南洋諸島併合がアメリカ領のフィリピンを脅かすことになるので強く反対した。そこで、妥協的に出された委任統治とするという形式で最終的には妥協し、「赤道以北の南洋諸島」がそれに含まれることとなった委任統治とは言え、実質的に日本の植民地となったため、南洋諸島には多数の日本人が入植し、サトウキビの栽培と砂糖の生産などの産業を興した。

太平洋戦争

 しかし太平洋戦争が開始されると、南洋諸島は日本軍の南半球への戦線拡大の中継基地となり、米軍の反撃が始まると、日本防衛の最前線として激戦地となった。1944年7月のサイパン陥落によって日本本土がアメリカ軍の空爆に晒されることとなり、1945年8月の日本敗戦となり、南洋諸島はアメリカ軍が占領することとなった。  現在はマリアナ諸島はアメリカ領として続いているが、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島、パラオは独立国家となっている。
印 刷
印刷画面へ