印刷 | 通常画面に戻る |

北京大学

1898年戊戌の変法によって設立された。中国の近代文化の創出の拠点となる。

 北京大学の前身は、1898年に建てられた京師大学堂である。戊戌の変法の唯一の成果として存続していた大学堂を、日本の東京帝国大学に倣った近代的な大学に改組しようとして、1912年に北京大学と改称し、進化論の紹介で知られる厳復が学長となった。しかし当初は学問は科挙受験のための準備という伝統が生きており、北京大学も官吏養成所という性格から抜け出せなかった。1916年、袁世凱の死後、改革派の蔡元培が学長に就任し、大学を自由な学術研究という本来の使命を持たせようと考え、大胆な教授陣の刷新を行った。雑誌『新青年』を刊行して文学革命の口火を切った陳独秀を文学部長として招いたのを初め、白話文学を提唱していた胡適、中国にマルクス主義を紹介した李大釗らが新たに教授陣に加わった。また若き日の毛沢東も北京大学付属図書館の事務補佐員として勤務していた。こうして、北京大学は文学革命、新文化運動の拠点となった。また、1919年には五・四運動では北京大学の学生が運動の先頭に立って闘った。

Episode いち早く女子の入学を認めた北京大学

 1919年、鄧春蘭という女子学生が、北京大学学長の蔡元培に手紙を出し、入学を申し出た。蔡元培は保守派や政府の圧力をはね返し、学力さえあれば入学は可能という見解を示し、20年9月の試験で春蘭を含む9名の女子受験生全員が合格し、入学が認められた。女子新入生入学のニュースを報じた『北京大学日刊』はまたたく間に売り切れたという。東京帝国大学は戦前には女子には聴講しか認めず、入学を許可したのは戦後のことであるから、大学での男女共学は中国の方が早かったことになる。<菊地秀明『ラストエンペラーと近代中国』中国の歴史10 2005 講談社 p.207>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 ア.第一次世界大戦と東アジア