印刷 | 通常画面に戻る |

水晶の夜

1938年のナチス=ドイツで起こったユダヤ人排斥事件。

 ナチス=ドイツ時代の1938年11月に起こった、ユダヤ人青年によるパリのドイツ大使館員銃撃を口実に、ナチ党の指令で全国の都市のユダヤ人居住区(ゲットー)が襲撃されたユダヤ人排斥事件。襲撃されたユダヤ人商店のガラスが散乱した様子から「水晶の夜」と言われた。 → ユダヤ人
(引用)1938年11月7日、ポーランド系ユダヤ人の17歳の若者H・グリュンシュパンは、両親がナチスによりドイツからポーランドへ強制輸送で追放されたことを知って、パリでドイツ大使館付書記官E.V.ラートを狙撃し、重傷を負わせた。ヒトラーは11月8日のミュンヘン一揆記念日のためにミュンヘンに来ていた。9日にはゲッベルスもミュンヘンに駆けつけた。9日夜会食中のヒトラー等の席にラートの死が伝えられた。ゲッベルスは当時チェコの女優リダ・バーロヴァとのスキャンダルでヒトラーの顰蹙をかっていたので、彼の機嫌を取り戻すよいチャンスと考え、ヒトラーと二人だけで討ちあわせをし、ただちにユダヤ人に対する報復行為開始を指示した。その結果、11月9日夜から11日にかけ、全国で大迫害が起こり、7500に及ぶユダヤ人住居、商店、デパートなどが破壊掠奪され、数百におよぶシナゴーグ(会堂)が破壊放火され、また数百近いユダヤ人が殺され、有産者を中心とする3万人近くが逮捕され、強制収容所へ送られたのである。ラートの出身地フランクフルトでは特にひどく、市内の5つのシナゴーグはすべて焼き払われた。」<大澤武男『ヒトラーとユダヤ人』 講談社現代新書 P.158-162>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章4節 エ.ナチス=ドイツとヴェルサイユ体制の破壊
書籍案内

大澤武男
『ヒトラーとユダヤ人』
講談社現代新書