印刷 | 通常画面に戻る |

ドイツの東西分断

第二次世界大戦後、4国共同管理下におかれていたドイツが、1948年以来、東西に地域に分断され、二つの国家が形成される。

4国分割占領と共同管理構想

 ドイツ降伏前の1945年2月、アメリカ・イギリス・ソ連の三首脳のヤルタ会談で戦後のドイツをフランスを加えた4国で分割管理する基本方針が決定された。5月8日のナチス=ドイツの降伏後、ベルリンに進駐した4国司令官によって、6月「四国宣言」がだされ、具体的なドイツ全域の分割区域と、ベルリンの分割管理が示され、7月のポツダム会談の結果、8月2日にポツダム協定が成立し、完全な非ナチ化、民主化がなされるまでドイツの4カ国分割占領が確定した。この分割占領はあくまで暫定的で将来のドイツの主権回復を想定していたので、連合国4ヵ国は共同の管理機関としてベルリンに管理理事会を設置して、調整されることになった

東西冷戦とドイツ問題

 しかし西側の米英仏占領地域では自由主義経済を基本とする経済復興をめざし、ソ連占領地域では社会主義化をめざす措置が執られたため、東西の違いが問題となっていった。1947年にアメリカがトルーマン=ドクトリンを発表し、ソ連に対する封じ込め政策を明確にし、ヨーロッパ諸国へのテコ入れを図ってマーシャル=プランを具体化したことから東西冷戦は深刻となり、このドイツ問題も主要な争点となっていった。1948年6月の西側の通貨改革強行を機にソ連がベルリン封鎖に踏み切ったときからベルリンの4国管理理事会は機能しなくなり、ドイツの東西分裂が事実上確定してしまった。

東西ドイツの分断

 翌1949年5月に西側管理地域にドイツ連邦共和国(西ドイツ)が成立すると、対抗する形で10月にソ連管理地域にドイツ民主共和国(東ドイツ)が成立し、ドイツは東西に別個の国家権力が存在する分断国家となってしまった。
 東西ドイツの両国は、西ドイツが資本主義市場経済を再建し、東ドイツは社会主義計画経済を目指すというまったく違った経済システムをとり、それぞれがイデオロギー(精神的指導理念)において相手を受け入れられないという、抜き差しならない対立関係にあり、しかもそれぞれ西にはアメリカ合衆国、東にはソ連という大国が控えているという世界を二分する対立の最前線に立つこととなった。

東西ドイツ・分断から統一へ

東西分断国家となったドイツで1950年代後半から格差が明確となり、両国の対立は深刻になっていった。しかし70年代にブラント首相の東方外交で転機を迎え、統一に向かう。

 ドイツ統一を願うドイツ人の希望にもかかわらず、東西の分離は次第に固定化されていった。西ドイツは資本主義体制のもとで奇跡と言われた経済復興を遂げ、東ドイツでは集団農場の建設など社会主義建設を進めていった。特にベルリンは西側陣営、東側陣営という東西対立の最前線にあり、ベルリン問題は東西対立の最も危険な部分であった。

ベルリンの壁の設置

 1950年代後半には平和共存路線がとられたが、同時に東西ドイツの経済成長の格差がはっきりとしてきて、東ドイツから西ドイツに脱出する人が増え、それを阻止しようとした東ドイツ当局によって1961年にはいわゆるベルリンの壁も設置され、西の資本主義と東の社会主義というイデオロギー対立を最も尖鋭に象徴する場所となってしまった。

ブラントの東方外交

 しかし、1970年代にはいると西ドイツのブラント首相の大胆な方向転換である東方政策が始まり、まず相互に現状を認め合おうという動きが出てきた。その成果として、72年には東西ドイツ基本条約が成立、翌年には東西同時に国連に加入し、統一の模索が始まった。

東ドイツの崩壊とドイツ統一

 当初は簡単には統一は実現されないだろうと考えられていたが、80年代の東ドイツの経済破綻が予想以上に早く進み、またソ連でゴルバチョフが登場して体制が変化したことを背景に、89年夏から大規模な東ドイツの国民の西ドイツへの移住が始まり、東ドイツ当局もそれを抑えることができずに一挙に統一の動きが加速し、1989年にはベルリンの壁の開放が実現、そこから一挙に1990年10月3日のドイツ統一が実現した。つまり、ドイツは1945年から1990年までの45年、国家分裂の時代を経験したこととなる。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 イ.ヨーロッパの東・西分断