印刷 | 通常画面に戻る |

中華人民共和国憲法

1954年9月に成立した中国の憲法。社会主義建設を国家目標に盛り込んだ。

 1954年9月、中国の国会にあたる「全国人民代表大会」(全人代)で採択された、中華人民共和国の最初の憲法。
 全人代は、53年2月から1年以上の歳月をかけて全国で実施された普通選挙で選出された約1200名の代表から構成されていたが、選挙は自由立候補ではなく、あらかじめ推薦された候補者に対する、18歳以上の男女による信任投票であり、人民代表(議員)は各県の代表が選挙する間接選挙制であった。中華人民共和国憲法の内容は、新民主主義論の段階にありながら、五ヵ年計画による社会主義国家建設を盛り込んだ、過渡的なものであった。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 ウ.東アジア・東南アジアの解放と分断