印刷 | 通常画面に戻る |

イギリスのEEC不参加

イギリスは、1958年に結成されたヨーロッパ経済共同体に参加しなかった。

 第二次世界大戦後の米ソ二大国の対立という構造の中に埋没することを恐れたヨーロッパの統合の動きは、フランスのシューマン外相の提唱からフランス西ドイツの主導で始まった。特に、1952年のヨーロッパ石炭鉄鋼共同体(ECSC)、1958年のヨーロッパ経済共同体(EEC)の結成で、ヨーロッパ共同市場の形成が実現した。

イギリス不参加の理由

 しかし、この段階ではイギリスは、ECSC・EECのいずれにも参加しなかった。イギリスが参加しなかった理由は、
イギリス連邦(旧イギリス植民地だった諸国で構成)との経済的結びつきをもっていたので、ヨーロッパ大陸諸国との経済協力に消極的であったこと。
・アメリカ合衆国との提携を重視し、むしろヨーロッパの統合には反対の立場をとっていたこと。
があげられる。それ以外にも、イギリスの潜在的な帝国意識、いわばメンツのようなものがあったと言える。

EFTAの結成

 そして1960年にはEECに対抗して、ヨーロッパ自由貿易連合(EFTA)を結成した。

加盟申請に転換

 しかし、経済成長はEECの方が早く、イギリスは次第に貿易で不利な立場に立たされるようになった。そこで1963年、マクミラン保守党内閣は方針を転換してEEC加盟を申請したが、将来の統一通貨には反対の姿勢を崩さなかった。イギリスの加盟申請に対してず、EEC側でもフランスのド=ゴール大統領が、イギリスをアメリカに追随する「トロイの木馬」だとして非難して、一貫してその加盟に反対したため、加盟は実現しなかった。1967年の労働党ウィルソン内閣も参加申請を行ったが、同じくフランスの反対にあって実現できなかった。この年、EECはさらに統合の質を高めたヨーロッパ共同体(EC)になっていた。

イギリスのEC加盟

 イギリスのEC加盟が実現するのは、ド=ゴールの死(1970年)の後であった。1973年、オイルショックによって西側諸国の資本主義経済が大きな打撃を受けたことを機に、アイルランド・デンマークとともに加盟が認められ、「拡大EC」となった。その後もヨーロッパ連合にも参加しているが、通貨統合を実現させたユーロには加わらず、依然として通貨はポンドを使用している。