印刷 | 通常画面に戻る |

中東戦争(第2次)/スエズ戦争

1956年10月、ナセル大統領のスエズ運河国有化に反発したイギリス・フランス・イスラエルがエジプトを攻撃した戦争。

 1956年10月、エジプトのナセル大統領のスエズ運河国有化宣言に衝撃を受けたイギリスがフランス、イスラエルに働きかけ、協同で出兵し、エジプトに侵攻した。イギリスはスエズ運河会社の株主として利益を得ていただけでなく、運河航行の自由がなくなることを恐れた。フランスが加わったのは、同じ時期に展開されていたアルジェリア戦争の背後にナセルがいると考えていたためである。イスラエルは第1次中東戦争でのエジプトから得た地域の支配を確保し、さらに拡大する意図があった。こうして単にスエズ運河をめぐるイギリスとエジプトの対立という図式を越えて、パレスチナ問題と結びつき、戦火を拡大させた。そしてアラブとイスラエルは、さらに3次、4次と中東戦争を展開していくこととなる。

国際世論の動向

 56年0月、まずイギリスはイスラエルのベングリオン内閣を動かしてエジプトに侵攻させた。ダヤン将軍の率いるイスラエル軍は1週間でシナイ半島を制圧、さらに両軍がスエズ地区に出兵してスエズ戦争が開始された。国際世論は英仏とイスラエルの侵略行為を非難し、エジプトを支持する声が強く、ソ連(当時ハンガリー事件の最中であったが、フルシチョフは平和共存路線を模索していた)も英仏に対してミサイルで報復すると警告、アメリカはアイゼンハウアー大統領が大統領選挙に直面していたため英仏への援軍を派遣せず、英仏とイスラエルは国際的に孤立して撤退を表明した。エジプトは戦争では敗れたが政治的には勝利し、ナセルは「アラブの英雄」として人気が高まった。 → 第3次中東戦争 

スエズ戦争と国連

 イスラエルの侵攻が開始された翌日の10月30日、アメリカは安全保障理事会の緊急会合開催を要請、イスラエルの撤兵を求める決議案を提出した。それに対してイギリスとフランスが拒否権を行使した。アメリカと英仏が対立するという驚くべきことが起こった。そこで翌31日、安保理が拒否権でマヒした場合は議題を総会に移管するという1950年の「平和のための結集」決議を利用し、緊急特別総会を開催することとし、その緊急特別総会でアメリカがただちに停戦・撤兵決議案を提出し、採択させた。この段階ではアメリカは多国間主義による国際紛争の解決という原則を維持していたのである。<最上敏樹『国連とアメリカ』2005 岩波新書 p.150>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 ア.アフリカ諸国の独立