印刷 | 通常画面に戻る |

シラク

フランスの第五共和政で社会党ミッテラン大統領に次いで、保守派として大統領となった。在任1995~2007年。

 シラク Jacque Chirac (1932~)は官僚出身で、ド=ゴールに近い心情を持つ保守派。ポンピドゥー大統領に見出され、ジスカールデスタン大統領下では首相を務めた。ド=ゴール派の政治組織である共和国防衛連合(UDR)党首となり、76年には共和国連合(RPR)を創設した。77年からパリ市長として実績を上げて人気を博し、86年には社会党のミッテランの下で議会選挙で勝って首相となってコアビタシオンといわれる保革共存の政治が行われることとなったが、結局はミッテランと対立して辞任した。
 1995年に大統領選挙に出馬し、国民のミッテラン離れの流れの中で当選を果たし第五共和政大統領となった。ただし1997年には首相は社会党のジョスパンが務めることになり、コアビタシオンが続いた。2002年に再任され、国民議会選挙で同大統領を支持する保守中道連合も安定多数を占めて、安定した政権運営を可能にしたが、2005年5月、国民投票でEU憲法条約の批准が否定され、外交政策は大きくつまづき、さらに同年秋には高い失業率と経済格差等を背景として大都市の郊外で若者による騒擾事件が連続して発生し、一挙に不安定化した。2007年5月の大統領選挙で後継に指定したサルコジが辛勝した。シラクは訪日の際には大相撲を見物するなどの日本通として知られている。 → 現代のフランス
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 イ.先進経済地域の統合化