印刷 | 通常画面に戻る |

ヘン=サムリン政権

1979年、ポル=ポト政権を倒してベトナムに成立した、ベトナムに支援された政権。反ベトナム三派との内戦が続く。カンボジア人民共和国と称したが、89年にカンボジア国に国号を変更した。

 ヘン=サムリンはカンボジアの軍人で、ポル=ポト政権のもとでは東部軍を率いてベトナム軍と戦っていた。しかし、ポル=ポト政権がベトナム領への侵攻を命じると、カンボジア軍を離脱した。しばらくポル=ポトの派遣したカンボジア軍に追われ、ジャングルを逃避行を重ね、ベトナム軍に救出された。

ヘン=サムリン政権の成立

 ベトナム社会主義共和国は1979年、カンボジアへの侵攻を全面的に実行し、プノンペンを制圧、ポル=ポト派はジャングルに逃れると、ヘン=サムリンは国家評議会議長としてカンボジアの国家元首となった。そのもとで、同じくポル=ポト軍からベトナム軍に投降したフン=センが首相を務めた。
 ヘン=サムリン政権は、国号を「カンボジア人民共和国」に改め、ベトナムの全面的協力によって、社会主義国としてのカンボジアの再建にあたったが、国内には、北京に亡命したかつての国王シハヌークの支持勢力である右派シハヌーク派、左派共産勢力であるポル=ポト派、中間的な共和派であるソン=サン派の三派が、反ベトナム・反ヘン=サムリンでまとまり、反政府活動を開始し、新たなカンボジア内戦という状態になった。

ベトナムの態度変更

 1980年代後半に入ると、ソ連がペレストロイカで改革路線に転じ、86年にはベトナムがドイ=モイ(刷新)政策をとり、カンボジアからの撤退の方針を明らかにし始めた。1989年、ヘン=サムリン政権はシハヌーク派との妥協を図り、国号を「カンボジア国」に変更、またベトナムは駐留軍の撤退を開始した。こうして実質的にヘン=サムリン政権は消滅した。ただし、ヘンサムリン政権を支えたフン=センはシハヌーク国王の下でカンボジア王国第二首相となり、さらに後に第一首相ラナリット殿下を追い落として、単独の首相として実権を握ることになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章2節 ウ.アジア・アフリカ社会主義国の変動