印刷 | 通常画面に戻る |

ヘレネス

古代ギリシア人たちが自らをヘレネスの子孫としてそう呼んだ。

 古代ギリシア人は自らを神話上の美女ヘレネ(スパルタ王の妃でトロイアの王子パリスに掠奪され、トロイア戦争の結果、スパルタに戻ったとされる)の子孫だと信じていたので、自分達をヘレネの子孫たちの意味でヘレネスといった。ヘレネの子供のドロス、アイオロス、孫のイオン、アカイオスがそれぞれ、ドーリア人、アイオリス人、イオニア人、アカイア人の先祖とされる。またその居住するギリシア本土をヘラスという。後の「ヘレニズム」という言葉も、「ギリシア風の文化」の意味で使われた。19世紀のヨーロッパで盛んになったギリシア愛護主義は「フィルヘレニズム」という。ヘレネスに対して、異民族をバルバロイといった。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ウ.ポリスの成立と発展