印刷 | 通常画面に戻る |

クセルクセス1世

アケメネス朝ペルシアの国王でペルシア戦争を継続し、一時アテネを占領した。

アケメネス朝ペルシア帝国第4代の王で、ダレイオス1世の子。在位前486~465年。ギリシア遠征の失敗した後に死去した父ダレイオス1世の意志を継ぎ、前480年に自ら大軍を率いふたたびギリシア遠征に向かった(第3次ペルシア戦争)。ダーダネルス海峡を押し渡り、ギリシア本土を南下、テルモピュライの戦いでスパルタ陸軍を破り、ついにアテネに入りいったん制圧に成功した。しかし同行したペルシア海軍が、アテネのテミストクレスに率いられた海軍と戦い、サラミスの海戦で大敗を喫し、クセルクセスは戦闘意欲を失いペルシアに引き揚げた。翌年、ギリシアに残ったペルシア軍は、ふたたびアテネ・スパルタ連合軍とプラタイアの戦いで敗れ、さらに海軍もミュカレの海戦でふたたびアテネ海軍に敗れ、ペルシア帝国のギリシア遠征は失敗に終わった。ペルシアに戻っていたクセルクセスはその後部下の謀反にあい、殺害された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 キ.ペルシア戦争とアテネ民主政