印刷 | 通常画面に戻る |

フィリッポス2世

マケドニア王でギリシアを制圧した。アレクサンドロスの父。 

 マケドニアの国王。フィリップとも表記。在位前359~前336。ギリシア北方の後進国であったマケドニアを強国に育てた。若い頃テーベで人質としてすごし、重装歩兵密集部隊戦術を学んだという。祖国に帰り権力を統一し、騎兵隊の組織化、長槍で装備した重装歩兵部隊などの軍制を採用し、ペロポネソス戦争後のギリシアの混乱に乗じてギリシア本土に侵攻した。

カイロネイアの戦いでギリシアを制圧

 前338年カイロネイアの戦いアテネ、テーベなどのポリス連合軍を破り、ギリシア本土の都市国家を屈服させた。さらに翌年スパルタを除くヘラス(ギリシア本土)のポリスを加盟させてコリントス同盟(ヘラス同盟)を結成し盟主としてギリシア支配をはかり、ペルシア遠征を準備した。アテネのデモステネスはマケドニアの支配に反対し、抵抗したが、事成らず自殺した。フィリッポスはペルシア遠征の準備を進めたが、前336年、娘の結婚式場でパウサニアスという貴族に暗殺された。その背景は判っていないが、遺志は息子のアレクサンドロスに託されることとなった。

Episode 「ピリッポス、あなたは人間ですぞ」

 ローマ時代(2~3世紀ごろ)の著述家アイリアノスは『ギリシア奇談集』で、フィリッポスのギリシア征服を非難しているが、次のようなフィリッポス2世の姿勢も伝えている。
(引用)ビリッポス(フィリッポス2世)はカイロネイアの戦いでアテナイ軍を破り、勝利に意気大いに揚がったが、しかも平常心を堅持して驕慢に陥ることはなかった。そのためには、自分が人間の身であることを忘れぬように、毎朝家来の一人にそのことを言わせて思いを新たにするのが良いと考え、家来にその役目を与えた。伝えられるところでは、毎日例の家来がピリッポスに向かって、「ピリッポス、あなたは人間ですぞ」と三度大声で言うまでは、自分も人前には出ず、面会を求める者も自分のもとへ通させなかったという。<アイリアノス/松平千秋ら訳『ギリシア奇談集』岩波文庫 p.230>
 このようにフィリッポスには人間たる自制心があったが、その子アレクサンドロスは、ダレイオス3世を破ってペルシア帝国を手にいれた時、うちつづく幸運に思い上がり、今や自分が神になったと思い込み、ギリシア人に自分を神格化する決議を命じた。<同上 p.74>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 ク.ポリスの変質
書籍案内

アイリアノス
松平千秋・中務哲郎訳
『ギリシア奇談集』
1989 岩波文庫