印刷 | 通常画面に戻る |

コリントス同盟

マケドニアの主導で結成されたギリシアの都市国家間の同盟。

前337年、マケドニアのフィリッポス2世が結成させた、スパルタを除くギリシアの全ポリス間の同盟。ポリス間の抗争は禁止され、マケドニアの実質的な軍事・外交上の主導権を認めた。コリント同盟、ヘラス同盟、ヘレネス同盟とも言う。
 カイロネイアの戦いでアテネ・テーベ軍を破ったフィリッポス2世は、同年中に全ギリシアのポリスに呼びかけ、コリントで会議を開催、その議長としてポリス間の同盟を結成させた(コリント条約ともいう)。マケドニアの覇権を認めないスパルタは唯一参加しなかった。各ポリスは自由で独立した対等な権利が保障されたが、相互の抗争は一切禁止され、また政体の変更、私有財産・貸借関係の変更も禁止、海賊行為も禁止された。したがって、ギリシア世界の平和と現状維持が約束されたといえるが、それはマケドニアの軍事力のもとでの現実であった。マケドニアは同盟の構成員ではないが、各ポリスと個別に攻守同盟を結び、コリント同盟の決定事項の執行権を持ち、実質的な同盟軍の指揮権を握った。こうしてギリシアの軍事・外交の権限はすべてマケドニアのフィリッポス2世に握られ、事実上、前8世紀から続いたアテネ民主政の時代は終わりヘレニズム期に移行していくこととなる。ただし、形式的にはアテネなど諸ポリスは消滅したのではなく、独立国家として存続している。
 フィリッポス2世の狙いはペルシア遠征のため、後顧の憂いを亡くすためにギリシア全体を抑えることであったので、早速第1回同盟会議を開催し、ペルシア遠征を決定したが、前336年暗殺されたため実行は子のアレクサンドロスに託されることとなった。アレクサンドロスの死後、ギリシアの反マケドニアの動きが強まり、前301年にコリント同盟も解消された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 ク.ポリスの変質