印刷 | 通常画面に戻る |

カイロネイアの戦い

前338年、マケドニアのフィリッポス2世がギリシアのアテネ・テーベ連合軍に勝利した戦い。

 前338年、ギリシアのカイロネイア(ケーロネアと表記することもある)におけるマケドニアフィリッポス2世アテネテーベ連合軍の戦い。アテネ・テーベ連合軍は善戦したが、長槍を使った重装歩兵・密集部隊戦術をとるマケドニア軍に敗れ、マケドニアのスパルタを除くギリシア支配が実現した。
 なお、カイロネイアはギリシア本土、アテネ北西のボイオティアにある町。エジプトのカイロではないので注意。フィリッポス2世はスパルタを除くギリシアのポリス連合であるコリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主と成り、さらに東方のペルシア帝国遠征を意図していたらしいが、カイロネイアの勝利の2年後に部下に暗殺され、その意図は子のアレクサンドロスに継承された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 ク.ポリスの変質