印刷 | 通常画面に戻る |

新貴族(ノビレス)

ローマで貴族と台頭となった平民の中から生まれた新支配層でノビレスという。

ローマにおける従来の貴族(パトリキ)に対して、前4世紀中ごろから現れた新貴族をノビレスという。古代ローマで展開された身分闘争の結果、前367年のリキニウス=セクスティウス法で平民からもコンスルの一人が選出されることになって貴族と平民の身分的平等が実現すると、平民の中でもコンスルなどの高い地位に就いた人びとは名誉と富を獲得し、元老院議員にも選出されて世襲的な名門と認められるようになった。そのような平民出身で新たに貴族に加わった人びとは官職貴族とも言われたが、ノビレスとも言われるようになった。ノビレスとは「顕著な」という意味の言葉であったが、後には「高貴な」という意味を持つようになる。彼らは大土地と奴隷、さらにクリエンテスと言われる従者を多数従える有力者としてローマの政治を左右するようになった。カルタゴとのポエニ戦争で二代にわたって活躍したスキピオなどがその例である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ア.ローマ共和政