印刷 | 通常画面に戻る |

ヒンドゥー教で神聖な動物とされている。

インドで発展したバラモン教及びヒンドゥー教では牛は神聖な動物として扱われ、殺したり、その肉を食したりすることは許されていない。インダス文明の印章にも牛が描かれており、牛に対する自然な信仰は早くからあったらしいが、牛肉食の禁止は農耕時代になってから、特にアーリヤ人がガンジス川流域に進出して牛耕が普及してからだろう。開拓には牛が不可欠であったところから、特別な家畜として重要視されるようになったらしい。『マヌ法典』にも牛はバラモンと同じ浄性を持つとされている。さらにヒンドゥー教のクリシュナ神信仰の流行とともに牝牛の崇拝が定着した。近代でも牝牛崇拝はヒンドゥー教徒の団結の象徴と考えられ、ガンディーもしばしば牝牛崇拝は自然なヒンドゥー教徒の心情として守るべきことを説いている。現在は都市でも牛は自由に動き回り、大切にされているが最近ではデリーなどでは増えすぎた牛をどうするか問題になっているという。

Episode 水牛は牛ではない

 ヒンドゥー教で聖牛とされるのは、背中に瘤のあるいわゆる「インド瘤牛」である。この牛は身体に神が宿っている聖牛とされ、殺してはいけないし、ましてや食べることは許されない。それどころか、ヒンドゥー教徒はその尿を聖水としてお浄めのために飲み、その神聖な糞を儀式で喜々として身体に塗りたくる。それはけして不潔なものではなく、聖なる行いなのである。ところが、牛と言っても水牛はその扱いを受けない。逆に水牛は神話では魔神の乗り物であり、忌み嫌われている。したがって水牛を殺すことは認められており、今でも祭りでは水牛が犠牲獣として山羊や羊と一緒に殺されている。またその肉は外国人の肉食用に提供されている。水牛には迷惑な話だが・・・。<森本達雄『ヒンドゥー教 -インドの聖と俗』2003 中公新書 p.170-182>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 ウ.アーリヤ人の進入とガンジス川流域への移動
書籍案内

森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』
2003 中公新書