印刷 | 通常画面に戻る |

皇帝

中国の王朝の最高支配者。秦の始皇帝に始まる。歴代王朝に継承され、清朝の宣統帝の退位(1911年)で終わる。

秦の始皇帝に始まる

 それまでの「」の上位であって全国土を統治する地位を示す新しい語句として始皇帝前221年に制定した。皇は「ひかりかがやく」、帝は天上にあって世界を支配するものの意味。すなわちこの地上においては絶対的な力をもつ存在とされた。またこのとき、皇帝だけが使うことの出来る言葉として、「朕」(私が自分を言うときに使う)、「制」(皇帝が定めたきまり)、「詔」(皇帝の言葉)などが定められた。また始皇帝は、天下統一を全土に知らしむために、前後5回にわたり全国巡幸を行い、各地で記念する石碑をつくっている。自らは「始皇帝」と称し、次に二世皇帝、三世皇帝・・・と子孫が皇帝を続けることを予定していたが、秦の皇帝は2代で終わりを告げるが、「皇帝」の称号は中国の各王朝に延々と引き継がれ、清朝の最後の皇帝である宣統帝(溥儀)まで続いた。溥儀は後に満州国の皇帝を名のるが、実質的な皇帝とは言えなかった。
 皇帝の廟号などについては、高祖の項を参照。またローマ皇帝の項を参照。

「皇帝」と「天子」

 項羽との抗争(楚漢戦争)で勝利した劉邦は、前202年、新たに帝国を樹立して初代皇帝となり、その死後、高祖(廟号)と称されることになる。漢帝国はその行政制度はほとんど秦を継承したが、郡県制だけは全面的な継承をせず、それ以前の封建制の理念を部分的に復活させる手直しを行い、郡国制に改めた。それに伴って、「皇帝」の意味合いにも秦と漢とでは違いが生じた。
(引用)漢は皇帝という称号を踏襲したが、同時に封建制の理念を維持して、天子という中国の伝統的な称号をも復活させた。この性質が異なる二つの制度を併用したのは郡県制の中に封建制を取り込んだ郡国制と軌を一にするものだった。つまり漢の最高権力者は一面においては皇帝でありかつ他面においては天子になったのである。
 皇帝は天帝そのものを意味する絶対的な権力であり、それは地上の人々の支配によって成立するものであるのに対し、天子とは儒家が説く支配者の概念であり、その権力は天命が降ることで保証されるものだった。では漢においては皇帝と天子とがなぜ併存できたかといえば、それは両者の巧みな使い分けがされたからである。
 その点は玉璽(皇帝の地位と権威を象徴する印璽)にも反映されていた。「天子○璽」と「皇帝○璽」と刻印されたものがそれぞれ三つずつあり、前者は周辺諸国との文書や天地を祀る際に用い、後者は一般の行政に用いたものであり、両者の区別は明らかだった。法家に偏重した秦の皇帝制度を儒家の思想が加味したものに換骨奪胎させることで柔構造を備え、皇帝制度そのものの寿命を延ばすことになった。<山本英史『中国の歴史増補改訂版』2016 河出書房 p.61>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章3節 カ.秦の統一
書籍案内

山本英史
『中国の歴史増補改訂版』
2016 河出書房