印刷 | 通常画面に戻る |

李斯

中国の秦の始皇帝に仕えた法家の学者で儒教弾圧などを主張した。

 古代中国の法家の学者で始皇帝に仕え、その全国統一を助け、また丞相(秦の行政官の最高位)となって郡県制の実施、焚書・坑儒小篆(文字の書体の統一)の作成などの政策を始皇帝に建言した。前208年、二世皇帝の時、謀反の疑いをかけられて刑死した。

Episode 始皇帝のブレーン

 李斯は始皇帝に仕えた学者であり、重用されて丞相までなった人物であるが、なかなか激しい生き方をした。もと楚の人であり、荀子の思想を学んだがその同門に法家の理論を大成した韓非がいた。李斯はに赴いて呂不韋の食客となり、秦王政の護衛官となった。政にたいして6国を離間させる策を講じ、認められてその官僚となった。そのころ韓の著名な学者となっていた韓非が秦に使節として来訪した。政もその思想に感服していたが、李斯は韓非を韓に帰すと秦にとってよくないと政をたきつけ、韓非を捕らえ自殺させてしまった。また、焚書・坑儒を始皇帝に建言したのも李斯であることは前項に記したとおりである。李斯はこのように始皇帝の最も信頼するブレーンであったが、始皇帝が死ぬと、偽勅を作って長子扶蘇に罪を着せて処刑し、末子胡亥を二世皇帝に仕立てる陰謀を宦官の趙高とともにはかった。しかし、陳勝・呉広の乱が起こって疑心暗鬼となった二世皇帝は李斯を遠ざけ、最後は反乱軍に通謀しているという疑いをかけられて一族とともに殺されてしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章3節 カ.秦の統一