印刷 | 通常画面に戻る |

西突厥

583年、突厥が分裂した後西トルキスタンで国家をつくる。

突厥が分裂した後、モンゴル高原を支配した東突厥に対し、西突厥は中央アジア西方のオアシス地帯であるトルキスタンを支配した。東突厥と同じく唐の支配を受け、唐はその地にトゥルファンなどの州を置いて統治した。高宗の時、657年に唐によって滅ぼされた。唐の玄奘がインドに赴く途中、西突厥の都スーイ=アーブで、時のトンヤブグウ=カガンの歓待を受けたことが『大唐西域記』に描かれている。可汗は金色の花模様で飾られた天幕に、多数の兵を従え、美しい綾の衣装をまとい威厳があったという。西突厥は7世紀末に、その支配下にあったトルコ系部族のテュルギシュ(突騎施)が自立したために衰えた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 ウ.唐と隣接諸国