印刷 | 通常画面に戻る |

郷紳

中国の明清時代、農村の地主として有力になった階層。

 きょうしん。、清時代に農村における地主で豊かな財力を持ち、地域での名望家として力を持っていた人を言う。多くは科挙の合格者として官途につき、引退後は故郷に隠棲した人であり、知識人としても活動し、読書人とも言われ明の文化を担う存在であった。宋代の士大夫に相当する。イギリスのジェントリーにも郷紳の訳語をあてるが、たしかににかよった存在である。
 明から清にかけて、地方の社会の支配階層となり、また小作農からの小作料で生活していたので、しばしば抗租運動の襲撃の対象となった。

郷紳とその社会に及ぼす作用

(引用)郷紳とは読んで字の如く、在郷の搢紳(しんしん)、すなわち地方在住の知識階級にして官位を持ち、同時に大地主、又は資産家を兼ねたものであるが、この階層が社会に及ぼす作用は三つの面に要約することができる。
 第一は郷曲に武断することであり、これは土地の弱小民衆の上に権力又は財力を以て影響を及ぼし、意のままに動かす作用を言う。ここで注意しなければならぬのは、この作用は必ずしも常に地方民衆を抑圧するとは限らず、時には民衆の希望を代弁する場合もあったのである。
 第二は官政を把握することであり、郷紳はその実力によって、地方官庁の政治に圧力を加え、政治方針に干渉したり、その実施に異議を唱えたりすることであった。これもその結果がいつも害毒を地方に流すとばかりは限ったわけではない。ずいぶん、弱きを助け強気を挫くといった義侠的な行動もあった。
 第三には更に進んで遥執朝炳、遠方に居ながら中央政府の方針を動かすに至るが、これはどんなことであろうか。このことばは、先には東林の際に(顧憲成に)、後には復社の張溥(ちょうふ)の場合にも用いられている。<宮崎市定『中国史の名君と宰相』2011 中公文庫 p.224-225 読みやすいように改行した。>
 宮崎市定氏が、郷紳が地方にあって中央の政治に関わった例としてあげたのが、東林党(東林派)の顧憲成と復社の張溥であり、特に後者について、この論文は詳しく触れている。復社(ふくしゃ)というのは宦官の政治介入に対抗して官僚が結成した結社の一つで、有名な東林党を継承すべく、明末の崇禎帝の時の1628年に、張溥が蘇州で結成し小東林ともいわれた。その指導者張溥は科挙に合格して中央政府の官僚となったが、やはり宦官派と対立し、崇禎帝の信任も失ったため蘇州で復社を結成し、多くの著作を通じて全国に結社網をつくり、一時同派による内閣を成立させたが、明末の動乱の中で権力を失った。宮崎氏は張溥の文章は独創性はないが、清代の考証学の先駆的な面もあり、なによりも情報網を組織して中央政治にも影響力を与えるジャーナリスト的な活躍があったと指摘している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章1節 オ.明後期の社会と文化
書籍案内

宮崎市定/礪波護編
『中国史の名君と宰相』
2011 中公文庫