印刷 | 通常画面に戻る |

ハギア=ソフィア聖堂

ビザンツ様式を代表するキリスト教の大聖堂建築。イスタンブルにあり現在はイスラーム教モスクとされている。

ハギア=ソフィア聖堂
4本のミナレットは、イスラーム教
モスクとされてからくわえられたもの
一般に、聖ソフィア聖堂という。ビザンツ帝国の都コンスタンティノープルであった、現在のトルコの首都イスタンブルにある大聖堂を持つ建築物。532年のニカの乱で焼け落ちたが、ユスティニアヌス帝はわずか39日後に復旧に着手。神の栄光と己の栄華を永久に伝えるため、もとの教会よりはるかに壮大な規模とした。5年半の歳月をかけて537年12月に完成した時、ユスティニアヌスは「我にかかる事業をなさせ給うた神に栄光あれ。ソロモンよ、我は汝に勝てり!」と叫んだという。ソロモンとは旧約聖書に出てくる壮大な神殿を築いたイスラエル王国の王のことである。

ビザンツ様式の特徴

 建物はビザンツ様式の典型である巨大な円蓋(直径33m、高さ55m)を中央にもち、それを沢山のアーチと柱で支える。沢山の窓から内部に光が射し、宗教的な効果を高めた。

アヤ=ソフィア=モスク

 ビザンツ帝国滅亡に際し、オスマン帝国のメフメト2世は、コンスタンティノープルをオスマン帝国の首都イスタンブルとして改造した際、この聖堂もイスラームのモスクに転用されアヤ=ソフィア=モスクと言われるようになった。その4隅に立つ塔(ミナレット)は、ことの時あたらに設けられたミナレットである。現在は、モスクの形態のまま、博物館として内部が公開されている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ア.ビザンツ帝国の繁栄と衰亡
書籍案内

浅野和生
『イスタンブールの大聖堂』
2003 中公新書