印刷 | 通常画面に戻る |

チェコスロヴァキアのクーデタ

1948年、マーシャル=プラン受け入れ拒否を主張した共産党が、クーデタで政権を奪取した。

 1948年2月にチェコスロヴァキアでマーシャル=プラン拒否を掲げる共産党が権力を奪った一種のクーデタ。二月事件とも言う。  チェコスロヴァキアでは大統領ベネシュの下で議会制民主主義が守られ、共産党も含む連立内閣が成立していた。1947年6月にアメリカが発表したマーシャル=プランの援助計画に対し、7月にチェコスロヴァキア政府はその受入を決定した。しかし、ソ連の「助言」によってすぐにそれを取り消した。1948年2月、撤回に対する批判が強まると共産党は取り締まりを強化し内務省の人事に介入した。それにたいして共産党以外の閣僚が辞表を提出。共産党は大規模な街頭デモを組織して圧力をかけ、大統領ベネシュに辞表の受理を迫った。内戦を恐れたベネシュは辞表を受理、共産党単独政権となった。5月には共産党主導で新憲法が制定され、ベネシュは署名を拒んで辞任し、共産党のゴッドワルトが大統領となった。共産党政権を成立させた一種のクーデタが成功したといえる。イギリスのチャーチルはこれに衝撃を受け、共産主義勢力の西側への浸透を防止する目的で、西ヨーロッパ連合条約(ブリュッセル条約)を締結し、それはさらに西ヨーロッパ連合へと改組され、集団防衛体制となっていく。チェコスロヴァキア情勢も東西冷戦の先鋭な対立点の一つであった。

冷戦深刻化の一因

 1948年の共産党によるチェコスロヴァキア・クーデタの成功は、画一的なスターリン体制東ヨーロッパ諸国に導入される契機となった。また西側でもチェコスロヴァキアの共産化に大きな衝撃を受け、西ヨーロッパ連合条約による西欧同盟を結成し集団的自衛体制を作り上げた。 → その後のチェコスロヴァキア  チェコ事件

Episode 疑惑の外相自殺

 1948年のチェコスロヴァキア=クーデター(二月事件)の時、外務大臣マサリクはプラハの執務室の窓の外で死体となって発見された。当初、自殺とされたがその真相は不明のままに終わった。後に、1968年のチェコ事件の時、マサリクの死にソ連の秘密警察の関与を示唆する記事が新聞に掲載されたが、「プラハの春」の自由化運動も弾圧され、結局はうやむやに終わった。このマサリクは、チェコスロヴァキア建国の父と言われたマサリクの子。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 イ.ヨーロッパの東・西分断