印刷 | 通常画面に戻る |

クック

18世紀、イギリスの航海者。南太平洋を探索しオーストラリアに上陸し、イギリス領を宣言した。

七年戦争後もフランスとの植民地抗争を続けていたイギリスは、著名な航海者であったクックに1769年、タヒチで金星が太陽面を通過するのを観測するための学術調査隊を送り届けるとともに南太平洋の「未知の大陸」を探索することを命じた。クックの艦隊は1796年にニュージーランドを探検しその領有を宣言した後の1770年4月、新大陸の東海岸ボタニー湾に上陸、その地をニューサウスウェールズと名付け、イギリス領であることを宣言した。この大陸は後にオーストラリアと呼ばれるようになった。クックはその後も数回にわたり南太平洋を探検、1779年にハワイで原住民とのトラブルがもとで殺害された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章4節 エ.地理上の探検