印刷 | 通常画面に戻る |

シャルル8世

フランスのヴァロワ朝の国王。ナポリ王国の王位継承権を主張して1494年、イタリア戦争を起こしたが、敗れて撤退した。

 フランスのヴァロワ朝の国王(在位1483~98)。ルイ11世の子。1491年、ブルターニュ公の娘アンヌと結婚し、ブルターニュをフランス領に編入し王領を拡大した。さらに1494年、ナポリ王国の王位継承権を主張してイタリアに侵入、イタリア戦争の勃発(広義のイタリア戦争)となった。一時ナポリに入城したが、ローマ教皇アレクサンドル6世、神聖ローマ皇帝ハプスブルク家マクシミリアン1世、スペインのフェルナンド5世、ヴェネティア、フィレンツェなどの反フランス同盟が形成されたので、急きょ撤退した。シャルル8世のイタリア遠征は、ルネサンス全盛期のフィレンツェ、ミラノ、ヴェネツィアの三大都市国家、ローマ教皇、ナポリ王国などに大きな衝撃を与え、16世紀の激動をもたらす前触れとなり、ヨーロッパは主権国家体制の形成にむかっていく。

イタリア戦争で軍事革命始まる

 1494年のシャルル8世のイタリア侵入は、当時は全く自覚はされなかったが、大きな歴史的な変化を認めることができる。それは、この時のフランス軍が、騎兵―歩兵―砲兵という兵種によって構成される「近代的」陸軍の最初であったことである。またこの戦争で、大砲や火砲が武器として普遍化し、戦術を大きく転換させる軍事革命が起こったことである。

Episode 「王妃の離婚」

 イタリア遠征から帰国後、シャルル8世はまもなく事故死し、ついでルイ12世がフランス王となった。ルイ12世にはこんな話がある。アンドレ=モロワの『フランス史』から、その話を引用しよう。
(引用)一四九八年、僅か二十八歳で、彼(シャルル八世)はアンボワーズ城の、低い門の破損した石の角に額をぶつけて、数時間の後に死んだ。……従兄のオルレアン家のルイが後を継いだ。詩人、シャルル・ドルレアンの嫡子である新王は三十六歳の若者で、魅力あり、痩せ形で、人に愛され、また愛されるにふさわしい、良き騎士だった。……彼は密かに、先王妃アンヌ・ド・ブルターニュに恋していた。彼女が寡婦となった今、彼はアンヌのためにも、又、ブルターニュのためにも、彼女が自分の妻になってくれることを願った。不運な巡り合わせには、彼は既に、ルイ十一世の娘の『小柄で色黒で猫背の女』ジャヌ・ド・フランスと結婚していた。法王アレッサンドロ六世の子、チェーザレ・ボルジアは、金と土地との莫大な償いを受けて、その結婚を無効にする手続きをとってくれた。結婚はルイ十一世によって強制されたものであったから、取り消しの可能性はあった。かくしてブルターニュ地方はフランスの手中にとどまり、『華車なブルターニュ女』は最初の王同様に第二の王にも熱愛されて、王妃の位にとどまった。<アンドレ=モロワ『フランス史』1947 新潮文庫 上p.172>
 なお佐藤賢一の小説『王妃の離婚』は、この時の離婚裁判を、ジャンヌの側から描いている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章4節 イ.イタリア戦争
書籍案内
アンドレ・モロワ/平岡昇訳『フランス史』上 1947 新潮文庫

佐藤賢一『王妃の離婚』
集英社文庫