印刷 | 通常画面に戻る |

フランソワ1世


François Ⅰ 1494-1547

16世紀フランスヴァロワ朝の国王。ハプスブルク家カールと争いイタリア戦争を展開。ダ=ヴィンチなどルネサンス芸術の保護者でもあった。

フランス・ヴァロワ朝の国王(在位1515~47)。義父ルイ12世の外交政策を引き継ぎ、イタリア戦争を継続、神聖ローマ皇帝カール5世のハプスブルク家勢力との激しい戦いを続けながら、絶対王政の強化に努めた。またこの時期にフランス・ルネサンスを開花した。また、カルティエを北米大陸探検に派遣し、後のフランス領カナダの獲得の前提を作った。

イタリア戦争

 1515年にはミラノを攻略し、スイス傭兵部隊を破った(マリニャーノの戦い)。1519年、ハプスブルク家のカール5世と神聖ローマ帝国皇帝選挙を争って敗れると、ハプスブルク勢力によってフランスが包囲されるのを恐れ、翌年にはイギリス王ヘンリ8世と会見して提携を探った。しかし、ヘンリ8世とは結局、同盟はならなかった。そこで1521年に再びイタリアに侵攻したが、1525年のパヴィアの戦いではハプスブルク家カール5世ののスペイン軍の捕虜となり、マドリッドに送られて幽閉された。屈辱的な条件でフランスに帰ったが、こんどはオスマン帝国のスレイマン1世と手を結び(カピチュレーションを認められた)、反カール5世の戦闘を続けた。1544年のクレピーの和約でいちおうの決着をつけたが、イタリア戦争は次のアンリ2世の時まで続いた。

フランス・ルネサンスの開花

 国内政治では王権の強化に努め、コレージュ=ド=フランスを設立するなど、ルネサンス期の文化の保護にもあたった。レオナルド=ダ=ヴィンチをフランスに迎えたことでも知られている。また、ローマ教皇レオ10世との間でコンコルダート(政教和約。この時はボローニャ政教協約という)を締結し、フランス国内の教会の聖職者任命権をフランス国王に認めさせた(ガリカニスム)。