印刷 | 通常画面に戻る |

ホイッグ/ホイッグ党

イギリス議会初期の政党で、王権の制限、人権の保護を重視する革新派で、後の自由党の前身となった。

 イギリス議会において、カトリック教徒であるジェームズの王位継承を認めず、新教徒の庶子モンマス公を相続者とすることを主張し1670年に王位継承排斥法案(この法案は議会で否決された)に賛成した人びとで、シャフツベリーを首領として地方のジェントリを中心とし王権よりも民権を重視する傾向があった。敵対するトーリから、「スコットランドの謀反人」という意味のホィッグ(Whig ウィッグとも表記)と言われた。スコットランドは反イングランド感情が強く、王室にも反抗的であったので、反王権の一派に対する蔑称として使われたが、やがて彼ら自らもホイッグと称するようになった。
 トーリとホイッグは王政復古期のチャールズ2世の時期に生まれたが、次のジェームズ2世がカトリック復帰を明確にすると一致して反国王にまわり、名誉革命を実現させたが、ウィリアム3世から次のアン女王の時代を経て、再び王位継承問題が起こると、ホイッグはハノーヴァー朝のジョージの招聘を認めたのに対し、トーリの多くは大陸に追われたステュアート家のジェームズ=エドワード(ジェームズ2世の息子)をフランスから呼び戻すことを主張した。彼らはジャコバイト(ジェームズのラテン名に由来する)と称され、ジョージ1世が即位すると、1715年に反乱を超した。このジャコバイトの反乱は鎮圧され、ハノーヴァー朝のもとではトーリは危険な反王権勢力として警戒され、議会でも少数派にとどまった。議会で多数を占めたホイッグはウォルポールが、実質的な初代の内閣を構成することとなった。
 ホイッグは次第に非国教徒と都市の商工業者の利害を代表するようになり、産業革命後は、選挙法改正などで自由主義の立場をとり、1820年~30年代の一連の自由主義的改革を推進し、1832年にはホイッグ党のa href="wh1201-070_1.html">グレイ内閣で第1回選挙法改正を実現した。
 1830年ごろから自由党を称するようになり、ブルジョワ自由主義政党として、20世紀前半までは保守党と二大政党時代を形成する。 → 政党/政党政治
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 ウ.イギリス議会政治の確立