印刷 | 通常画面に戻る |

ハノーヴァー朝

1714年、イギリスのステュアート朝断絶により、ドイツから国王を迎えた。国王は政治には関与しない責任内閣制が成立した。1901年からサックス=ゴバーグ=ゴータ朝に代わった。

 1701年、ステュアート朝ウィリアム3世の時に制定された王位継承法に基づいて、アン女王が継嗣がなく没したため、1714年にドイツのハノーヴァー選帝侯ジョージがイギリス王ジョージ1世として即位した。ここからハノーヴァー朝という。 → イギリス(6)
 1701年の王位継承法とは、共同統治者であったウィリアム3世とメアリ2世には継嗣が無く、またメアリの次の国王を予定されていたアンの子供も死んでしまっていて、王位継承を巡って争いが起きることが予想されたので継承原則を定めたもので、「ステュアート朝の血を引く、新教徒であること」とされた。それによってジェームズ1世の孫娘ソフィアがドイツのハノーヴァー選帝侯との間にもうけたジョージが王位を継承することになった。

責任内閣制の成立

 ジョージ1世はイギリス王位とハノーヴァー選帝侯の地位を兼ねた。ジョージ1世は英語をほとんど解せず、しかもロンドンに馴染まずにハノーヴァーに滞在することが多かった。イギリス国政に関与することが少なかったので、イギリスの政党政治が定着し、責任内閣制の原則が確立していった。
 ハノーヴァー朝はその後、ジョージ2世、ジョージ3世(1760~1820、アメリカの独立、フランス革命、産業革命の時代)、ジョージ4世と続き、19世紀後半のヴィクトリア女王時代(1837~1901)に、大英帝国の繁栄期を迎える。
 なお、ヴィクトリア女王から、ハノーヴァー侯の地位は女性の相続が認められなかったのでイギリス国王単独となった。ヴィクトリア女王とアルバート公の間に生まれたエドワード7世の即位した1901年から王朝名はサックス=ゴバーグ=ゴータ朝に代わった。

ウィンザー朝

 イギリスの王朝名は、ハノーヴァー朝、サックス=ゴバーグ=ゴータ朝ともにドイツの家系を継承するものであったが、第一次世界大戦が始まった1917年に、ドイツ風の王朝名を改めることとなり、王宮の所在地にちなんだウィンザー朝となった。ジョージ5世(第1次大戦期)、エドワード8世(1936年、愛人問題で王位を放棄した)、ジョージ6世(第2次大戦期、映画『英国王のスピーチ』のモデル)と続き、現在のエリザベス女王(1952~)に至る。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 ウ.イギリス議会政治の確立