印刷 | 通常画面に戻る |

アン

18世紀初頭、イギリス・ステュアート朝の女王。イギリスの海外領土の拡大、スコットランドとの合同が実現した。

 イギリス・ステュアート朝の最後の女王(在位1702~14年)。父のジェームズ2世と違い、姉のメアリとともにプロテスタントの教育を受け、名誉革命でも姉メアリを支持した。メアリとその夫ウィリアム3世に子がなかったので、1702年、王位を継承することになった。
 このアン女王の時に、イギリスはヨーロッパでのスペイン継承戦争と北米植民地でのアン女王戦争で、フランスに対する勝利を占め、イギリス革命の混乱を克服して発展を継承させた。また1707年には、イングランド王国がスコットランド王国を併合して大ブリテン王国が成立し、名実ともにイギリス王となった。
 1714年、後継がないまま死去したので、イギリス王はスチュアート家との血縁関係からドイツのハノーヴァー選帝侯が継承することとなり、ジョージ1世が即位し、イギリスはハノーヴァー朝となる。

Episode 不幸なアン女王と王位継承令

 ウィリアム3世とメアリの間には子供がいなかった。将来、王位継承で問題が起きることを懸念したウィリアム3世は、1701年に王位継承令を発布し、「今後の王位はステュアート王家の血を引くプロテスタント」でなければならないと決めた。それによってウィリアム3世の次は、メアリの妹のアンが即位した。アンはデンマーク王の次男ゲオルクと結婚し、18人もの子供が生まれたが、不幸にしてそのすべてが死産か、子供のうちに死んでしまい、「子供を次々と失った悲しみでアンは酒におぼれ、37歳で王位についたときも肥満ゆえに歩行がままならず、加えて痛風に悩まされるという惨憺たるありさまだった。」ウィリアム3世の懸念したとおり、王位継承が問題となってしまったが、王位継承令がうまく機能し、大きな混乱もなく、ジェームズ1世の孫のゾフィアの子であるハノーヴァー選帝侯ジョージが継承することとなった。<小林章夫『イギリス王室物語』1996 講談社現代新書 p.118>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 イ.イギリス革命
書籍案内

小林章夫
『イギリス王室物語』
1996 講談社現代新書