印刷 | 通常画面に戻る |

パナマ会議

1826年、シモン=ボリバルの提唱で開催されたラテンアメリカ諸国の会議。

1826年、シモン=ボリバルが呼びかけて、パナマで開催された、ラテンアメリカの独立諸国の会議。ボリバルはこの会議で、ヨーロッパからの干渉に対してラテンアメリカ諸国の連帯と結束を呼びかけた。この時は具体的な成果はなかったが、彼の理念はパン=アメリカ主義として継承され、後の1889年、ワシントンで開催されたパン=アメリカ会議の源流となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章1節 イ.ウィーン体制の動揺