印刷 | 通常画面に戻る |

アメリカ連合国

1861年2月に結成されたアメリカ南部諸州の連合国家。アメリカ合衆国から分離し、北部とのあいだで南北戦争となる。大統領はジェファソン=デヴィス。65年4月、敗れて消滅した。

 南部連合、アメリカ諸州連合ともいう。Confedelate States of America で略称CSA。1861年に始まった南北戦争で、アメリカ合衆国と戦ったアメリカ南部の諸州が結成した国家である。南部の綿花プランテーション地帯の大プランター(農園主)の支持を受け、黒人奴隷制維持拡大、自由貿易主義(綿花のイギリスへの輸出拡大)、反連邦主義(=州権主義。北部主体の連邦主義に反対)などが共通する理念であった。
 前年の11月、奴隷制拡大反対を掲げる共和党のリンカンの当選のしらせは、サウス・カロライナの合衆国離脱への合図となった。12月、合衆国離脱を決するための州大会が開かれ、満場一致で脱退を決定した。サウスカロライナ、ミシシッピ、フロリダ、アラバマ、ジョージア、ルイジアナ、テキサス(脱退順)の各州が同調した。61年2月、アラバマのモンゴメリで会合した7州の代表は、「アメリカ諸州連合」の組織を結成した。ミシシッピのプランターとして、合衆国の公務に従事して令名のあった民主党員ジェファソン=デヴィスを大統領に選出した。
アメリカ連合国 南軍旗
アメリカ連合国の南軍旗
1861年4月、南北戦争が勃発、その後ヴァージニア、アーカンソー、テネシー、ノースカロライナ4州が加わり、アメリカ連合国は11の州で構成されることになった。首都は当初はアラバマ州のモントゴメリに置かれていたが、間もなくヴァージニアリッチモンドに移された。
 右はアメリカ連合国陸軍が使用した南軍旗。アメリカ連合国は最初、左上に青地に★を7つ(最初に南部連合に加入した7州)で円を描き、赤字に白の横棒一本の国旗を制定したが、合衆国の星条旗と紛らわしいので、陸軍が使っていたこの旗を一部に採り入れ、白地一色(白人支配を意味する?)の左上に陸軍旗を置いたものを国旗とした。その後も多少の変化がある。海軍は横長のものを使用した。星の数は最初は7つで、加盟州が増える度に★も増やし、最終的に13になった。南部連合は実質は11州であったが、ミズーリとケンタッキーにも南部加盟を主張する勢力があったため、その二つを加えて13とした。驚くべき事に、アメリカの南部諸州では2000年ごろまでこの旗を役所に掲げていたという。

南部の勝算と誤算

 南部諸州は、北部が分離を認めるだろうこと、認めないときに戦争になっても勝てる、と考えた。それは、イギリスが紡績工業の原料としての綿花を必要としたから南部を応援し、フランスのナポレオン3世もプランテーション貴族に好意を寄せている、と思っていたからである。<ビーアド『新編アメリカ合衆国史』p.269>
 その見通しの通り、イギリス・フランスの支援を受けて、南部(アメリカ連合国)軍は騎馬技術に優れた南部の白人入植者を主体に編成され、アメリカ陸軍有数の有能な将官であったリー将軍の活躍もあって優勢に戦いを進めた。しかし、工業生産力に勝る北部も屈せず、戦闘は長期化した。リンカンは奴隷制については当初は「拡大反対」の立場にとどまっていたが、1863年1月に奴隷解放宣言を発し、奴隷解放を戦争目的に掲げると、国際世論も北部支持に傾き、さらにリンカンが前年1月に出したホームステッド法によって西部の農民の支持を受けるようになったこともあって、情勢は逆転し、63年7月のゲティスバーグの戦いで北軍が敗れ、65年4月に首都リッチモンドが陥落してリー将軍が降伏して南軍の敗北に終わった。大統領と閣僚、議会は逃亡したが、ジェファソン=デヴィスは途中で捕らえられ、投獄された。

Episode モントゴメリのできごと

 アメリカ連合国は当初、アラバマ州モントゴメリに本拠をおいた。この地は、第2次世界大戦後の1955年に、黒人差別撤廃闘争のきっかけとなったバス=ボイコット事件が起こったところである。南北戦争から約100年後の話であるが、奇しくもこの時点でも黒人差別問題が深刻であったことを示す出来事であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章3節 イ.南北戦争