印刷 | 通常画面に戻る |

女性参政権/婦人参政権/男女平等選挙権

19世紀末のニュージーランドを始め、20世紀初頭に西欧に広がった。イギリスでは第一次世界大戦末期の1918年に女性参政権(30歳以上)が認められ、28年に男女平等(21歳以上)となった。アメリカでは1920年に憲法修正19条として女性参政権が認められた。

 女性参政権運動は、18世紀からフランスで始まり、19世紀には労働運動・社会主義運動と結びついて運動が本格化した。世界で最初に女性参政権を認めたのは、1893年のニュージーランドであった。ついでオーストラリア(1902年)、フィンランド(1906年)、ソビエト=ロシア(1917年)、カナダ・ドイツ(1918年)などと続く。それに続いたのが次の諸国であった。

主要国での実現

イギリス 19世紀の3次にわたる選挙法改正では女性参政権には及んでいなかったが、この間、ジョン=スチュアート=ミルは「女性参政権」を掲げて下院議員となり、女性参政権運動が始まった。19世紀末から20世紀初頭にM=G=フォーセットの婦人参政権協会全国同盟(NUWSS)、E=パンクハーストの女性社会政治同盟(WSPU)という二つの団体が運動を展開、特に後者は過激な行動で人びとの歓心を集めたが、第一次世界大戦までに女性参政権を実現することはできなかった。第一次世界大戦では女性も戦争に協力したということから、ロイド=ジョージ挙国一致内閣の下で1918年の第4回選挙法改正で「戸主又は戸主の妻である30歳以上の女性」に選挙権があたえられた。男性は21歳以上の普通選挙権であったので不平等が続いたが、ようやく1828年の第5回選挙法改正で男女平等の普通選挙が実現した。 → イギリスの女性参政権
アメリカ 12の州が1914年までに婦人参政権を認めていたが、アメリカ合衆国憲法の修正には至っていなかったところ、第一次世界大戦に参戦したことで女性の戦争への貢献も期待されるようになり、急速に気運が高まった。しかし上院の議決や各州の批准が遅れ、修正憲法19条が成立したのは、大戦後の1920年であった。意外に遅かったことに注意しよう。 → アメリカの女性参政権
フランス フランスは男性普通選挙ではフランス革命での1792年9月に最も早く、そしてしばらく中断した後、二月革命で1848年の四月男性普通選挙で本格手にに実施した。また女性参政権の運動は早くから起こっていたにもかかわらず、フランスで女性参政権が実現したのは非常に遅く、ようやく第二次世界大戦後の1945年4月30日に婦人参政権が採択された。

その他の国々での実現

 その他、女性参政権実施が遅かった主な国には、イタリア(45年)、ベルギー・イスラエル・韓国(48年)、中国(49年)、ギリシア(52年)、スイス(71年)などがある。
日本 いわゆる「大正デモクラシー」の時期の1924年に市川房枝らが婦人参政権獲得期成同盟(25年に婦選獲得同盟に改称)を結成して運動を開始した。1925年に、25歳以上の男性に選挙権が与えられる「普通選挙法」が成立したが、婦人参政権は第二次大戦後の1945年12月の改正選挙法で実現し、満20歳以上の男女による平等な選挙制度となった。翌年4月の総選挙では婦人議員が39名当選した。ここで成立した新議会で日本国憲法が制定された。

出題 2011年 慶応大 商学部 第2問

 問8 欧米各国で女性参政権は次々と導入されていったが、アメリカ、イギリス、フランスで、女性参政権が導入された順番を記しなさい。。

解答   → 
解説   →