印刷 | 通常画面に戻る |

アラブ諸国の独立

第一次世界大戦後、イギリス・フランスの委任統治領として分割された中東地域に新たな国家が建設された。

 第一次世界大戦後後のオスマン帝国領の分割案によってアラブ系民族居住地域は1920年からイギリスとフランスによる委任統治とされた。アラブ系民族の独立を求める声も強くなり、委任統治の形態のもとでイギリス・フランスは次第にアラブ国家の独立を認めるが、それによって西アジアに生まれた国家の境界線の設定は両国による「勝手な線引き」(帝国主義的分割)であったため、現在に至るまで紛争の原因となっている。

イギリスの意図

 また、イギリスのはアラビア半島における反オスマン帝国勢力として、メッカのハーシム家フセインフセイン=マクマホン協定を結び、彼らによるアラブ国家の建設を支援することを約束していた。ところがその一方で、リヤドのサウード家イブン=サウードにも支援の約束をしていた。結局フセインとイブン=サウードが戦うこととなり、フセインが敗れてしまった。イギリスは、フセインに対する約束があったので、委任統治領をその王子たちにあてがって、国王としたのだった。

中東諸国の独立

 1920年代に、これらの地域の中で、イギリス委任統治領からイラク王国ヨルダン王国が独立、フランス委任統治領からはシリアレバノンが独立した(独立した事情、時期はそれぞれ異なる)。パレスチナの地にはユダヤ人が入植して、アラブ側との対立を深めることとなる。第二次世界大戦末、それに対抗してアラブ諸国は1945年3月にアラブ連盟を結成したが、1948年のイスラエル建国に反発してパレスチナ戦争(第一次中東戦争)が起こされたが、アラブ側の王国は結束が弱く、アメリカなどの支援を受けたイスラエルの建国を許してしまった。

宗教と民族を無視した線引き

 アラブ人の中には同じイスラーム教徒でありながらスンナ派とシーア派があり、またこの地域は少数だがキリスト教徒も存在しており、またパレスチナにはユダヤ教徒であるユダヤ人がシオニズムによって移住し始めていた。またメソポタミアからトルコ、イランにかけてクルド人が居住していた。イギリス・フランスによる新たな国家の線引きはこれらの宗教や民族の分布とはお構いなしに行われ、一つの国に民族や宗教の対立が持ち込まれた。
 またクルド人には独立を認められず、その居住地域はトルコ・シリア・イラクに分割された。これらのイギリス・フランスの身勝手な線引きが現在ますます深刻になっているパレスチナ問題、イラク問題、クルド人問題など、中東問題と総称される問題の原因となっているのである。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 カ.トルコ革命とイスラーム諸国の動向