印刷 | 通常画面に戻る |

ズデーテン地方

チェコ北部一帯で、ドイツ人居住者が多かったことから、ヒトラーが併合を要求、ミュンヘン会談で英仏が容認したため、ドイツに割譲された。

 現在のチェコの北部、ドイツ・ポーランドとの国境を接する一帯を言う。本来スラヴ系のチェック人の居住地域であるが、中世以来ドイツ人の入植が進み、たびたび民族紛争が起こっていた。第一次世界大戦後に成立したチェコスロヴァキア共和国に編入されたが、1930年代にドイツにナチス政権が成立するとそれに呼応するズデーテン=ドイツ人党が「民族自決」を口実に、ドイツとの統合を主張するようになった。

ナチス=ドイツによる割譲

 特に1938年3月のドイツのオーストリア併合以後、その運動が強まり、ヒトラーも併合を主張するようになった。ヒトラーは、「これが最後の領土要求である」と演説した。
 ミュンヘン会議は同年9月から、イギリス(ネヴィル=チェンバレン)・フランス(ダラディエ)・ドイツ(ヒトラー)・イタリア(ムッソリーニ)の4国代表によって開催された。当事者であるチェコスロヴァキアの代表は召集されなかった。その結果、ヒトラー=ドイツの主張が認められ、ドイツのズデーテン併合が実行された。会議はヒトラーの要求をのむことによって、これ以上の侵略行為をやめさせ、戦争を回避しようという宥和政策をとるネヴィル=チェンバレンの妥協により、ズデーテン割譲を承認した。
  結局ヒトラーの領土的野心は収まらず、翌39年にはチェコを保護領とし、スロヴァキアを保護国として分割し、チェコスロヴァキア解体という結果となった。こうしてドイツ周辺を固めたヒトラーは、39年9月、ポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発する。
 なお、ズデーテン地方は大戦後はチェコスロヴァキア領に復帰し、多数のドイツ系住民は追放された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 ア.ナチス=ドイツの侵略と開戦