印刷 | 通常画面に戻る |

オーストリア併合

1938年3月、ナチス=ドイツがオーストリア併合を強行した。ゲルマン国家の統合をドイツ人は歓迎したが、ヨーロッパ全土で戦争の危機が強まった。

 1938年、ヒトラーはドイツ軍をウィーンに進撃させ、3月13日にオーストリアを併合した。それより前、オーストリアでは保守派の首相シュシュニックが、ムッソリーニのイタリアに近いファシズム体制をめざし、議会制を否定していた。かねてオーストリア併合を唱えていたヒトラーは、シュシュニックに対し、オーストリア・ナチスの人物を内相に任命することを強要、シュシュニックは拒否し、抵抗したが国境線にドイツ軍を集結して威圧したヒトラーによってねじ伏せられ、合邦に同意せざるを得なくなった。
(引用)オーストリア人大衆はむしろヒトラーを歓迎し、4月に行われた国民投票では99.9%が賛成した。ヒトラーは『わが闘争』の冒頭で、ドイツとオーストリアの合邦は自分の使命であると述べている。ヒトラー自身がオーストリアの出身であったからである。<坂井栄八郎『ドイツ史10講』岩波新書 p.193 など>
 オーストリア併合を成功させたヒトラーは、次にチェコスロヴァキア領のズデーテン地方の割譲を要求、国際社会はさらに緊張を強めることとなった。

Episode ウィーンの二・二六事件

 1934年7月25日、ウィーンで武装集団が首相官邸を襲撃し首相ドルフュスを射殺するという、クーデタ事件が起こった。襲撃したのは陸軍兵士に変装したナチス武装集団154人、放送局も占拠しナチス政権の樹立を宣言した。ドルフュスはイタリアのムッソリーニに近く、ヒトラーの意のままにならなかったので、ヒトラーがオーストリアのナチス党員を動かしてクーデタを計画したのだった。ところがこの計画はヒトラーの密使が国境の鉄道車中で捕まったため、オーストリア警察が察知していたため直ちに鎮圧されてしまい、代わってシュシュニックが首相となった。一挙に親ドイツ政権を樹立するというヒトラーの計画は失敗したが、ムッソリーニとの関係を結ぶことに成功した後、オーストリアへの圧力を強め、ついに38年の併合に至る。<この事件について、チャーチルの感想がある。『第二次世界大戦』1 河出文庫 p.92>
 このオーストリアのクーデタ事件は、1936年に日本で起こった二・二六事件によく似ていると思う。武装集団が首相官邸、放送局などを襲撃するという典型的クーデタであり、かつ失敗はするがその後ファシズムの確立の契機となるという経緯も同じである。日本の青年将校たちがオーストリアのナチスを参考にしたのかどうかは判らないが、もしかしたら知っていたのかもしれない。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 ア.ナチス=ドイツの侵略と開戦