印刷 | 通常画面に戻る |

連合国共同宣言

1944年1月、米英ソ中の4国が発議し、26ヵ国が参加し、枢軸国との戦争を連合国として戦うことで合意した。国際連合形成の第一歩となった。

 太平洋戦争の開戦によりアメリカが参戦し、第二次世界大戦がまさに全世界規模に拡大されたことを受け、1942年1月1日、ワシントンにおいて、アメリカ合衆国・イギリス・ソ連・中国の4ヵ国を発議国とし、世界26ヵ国が発した共同宣言。草案は、F=ローズヴェルト(米)、チャーチル(英)、リトヴィノフ(ソ連)、宋子文(中国)が起草した。26ヵ国とは、
 アメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦、中国、オーストラリア、ベルギー、カナダ、コスタ・リカ、キューバ、チェコスロヴァキア、ドミンゴ共和国、エル・サルバドル、ギリシア、ガテマラ、ハイチ、ホンデユラス、インド、ルクセンブルグ、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、ノルウェー、パナマ、ポーランド、南アフリカ、ユーゴスラヴィア
である。これらの国々が「連合国」を構成し、「枢軸国」である日本、ドイツ、イタリア、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、フィンランド、タイの陣営との二つに分かれた世界大戦となった。この「連合国(United Nations)」は1945年6月成立の「国際連合」に継承される。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 エ.ファシズム諸国の敗北