印刷 | 通常画面に戻る |

アメリカ合衆国の参戦(第二次世界大戦)

アメリカ合衆国は第二次世界大戦において孤立主義を守り、中立をかかげていたがF=ローズヴェルト大統領はファシズムの拡大を阻止するための参戦の機会を求めていた。ドイツ・イタリアと三国同盟を結ぶ日本が、1941年12月に真珠湾攻撃を機に参戦し、連合軍の中心戦力として戦い、戦後世界の主導権を得た。

 アメリカ合衆国は、1939年9月の第二次世界大戦勃発時には、戦争に参加しなかった。 第一次世界大戦でヨーロッパ列強の対立に巻き込まれてしまったという反省の感情が国内に強く、伝統的な孤立主義の外交政策を採らせることとなって1935年に中立法が制定されていたからである。しかし、ファシズム国家の台頭はアメリカが掲げる民主主義や人権といった理念の世界的な危機である考えられるようになり、その台頭をもたらした宥和政策は誤りであったという風潮が強くなった。 → アメリカの外交政策

孤立主義からの転換

 特にアジア・太平洋における日本の勢力伸長は、アメリカの国益を大きく損なうと考えられるようになった。1940年11月にF=ローズヴェルトは三選を果たすと、従来の孤立主義を大きく転換して1941年3月には武器貸与法を成立させてイギリスへの武器輸出を可能とし、また同年8月の大西洋憲章でイギリスとともにファシズム国家との戦争目的を明らかにし、戦後世界の国際協調を提起し、事実上の参戦状態となった。

真珠湾攻撃を受け参戦

 全面的に参戦するにはさらに口実が必要であった。同年12月8日の日本軍の真珠湾攻撃はF=ローズヴェルトに格好の口実を与えたこととなった。後に、彼は日本の攻撃を事前に察知していたが、その事実を公表せず、奇襲攻撃という形にして「真珠湾を忘れるな!」というスローガンのもと、国民の戦意を高揚しようとしたのではないか、と疑われているがその確証はない。事実は日本大使館での最後通牒電文の翻訳に手間取ったことなごから、通告が遅れたらしい。

Episode チャーチルの満足

 日本軍が真珠湾を奇襲したという報告を受けたチャーチルは、「これで勝てた!」と感じたという。つまりアメリカが正式に参戦することになり、フランスが占領されているいま、イギリスにとって、唯一の絶大な同盟国が加わることになったからだ(チャーチルはソ連は最初から信用していない)。彼はその日、「感激と興奮とに満たされ、満足して私は床につき、救われた気持で感謝しながら眠りについた」という。<チャーチル『第二次世界大戦回顧録』3 p.56 河出文庫>
 日本軍の真珠湾攻撃は、世界史的な文脈のなかでは、チャーチルが安心して眠りについたという程度の効果しかなかった。これはしっかりと抑えておくべきことであろう。日本の立場からだけみていると、やむにやまれぬ、自衛のための戦争であったとか、アジアの解放のための戦争であったとか、戦争に意義付けがなされ、現実にそのために多くの人が命を捧げ、あるいは恨みをもって犠牲となった。ただ、当時の日本の為政者や軍に、世界史的な視野と現実分析があったら変わっていたかも知れないと思うのみである。
 しかし、チャーチルの見通しもここまでだった。41年の独ソ戦開始とアメリカ参戦は、チャーチルの思惑を越えて、戦後世界史を規定する重要な変化をもたらした。つまり、ヨーロッパではドイツ軍と全面的に戦い、莫大な犠牲を払いながら勝利に導いたのがソ連軍であり、太平洋では日本と戦い勝利に導いたのはほとんどアメリカ軍の力であった。こうしてソ連とアメリカという二大軍事大国が戦後世界に大きな発言力を持つこととなり、イギリスは完全に主役の座を失うことになったからである。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 ウ.独ソ戦と太平洋戦争