印刷 | 通常画面に戻る |

日中国交正常化

1972年、田中角栄首相が訪中、毛沢東らと会談し国交の正常化で合意。

 1972年、田中角栄首相が訪中、中華人民共和国首脳の毛沢東・周恩来などと会談し、日中国交正常化に合意し、日中共同声明を発表した。日本側は過去の戦争責任を痛感、反省することを表明。日中平和友好条約の締結をめざすこととなった。これによって日本は中華人民共和国を中国唯一の政権と認めたので、台湾とは断交することとなり、日華平和条約(1952年締結)は破棄された。
 1949年の中華人民共和国成立後、日本はアメリカに追随してそれを承認せず、台湾の国民政府(中華民国)を中国の正当な政権としていた。1951年のサンフランシスコ講和会議では中華人民共和国・中華民国いずれも招待されなかったため、日中国交回復はなされなかった。1950年代から民間貿易が始まり、1962年には政経分離の原則により日中貿易が進展していた。1971年のキッシンジャー訪中、72年のニクソン訪中は日本の頭越しに行われたので、田中内閣も日中国交回復を急ぐこととなった。
 日中共同声明では日中間の平和条約締結交渉に着手することとなったが、当時ソ連と鋭く対立していた中国側との「覇権条項」に関する意見の相違から手間取ることとなり、ようやく1978年に日中平和友好条約が締結される。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第17章1節 ア.米・ソ軍縮と緊張緩和