印刷 | 通常画面に戻る |

アサド

父はシリアのバース党指導者で1971年からシリアの大統領。2000年に死去し息子が世襲した。2011年、「アラブの春」が波及したことからシリア内戦となった。

 ハーフィズ=アサドシリア=アラブ共和国の大統領(1971~2000)。軍人出身で、1963年のクーデターで政権を握ったバース党を率い、1970年に首相兼任、1971年から大統領となり、エジプトのナセル亡き後のアラブの指導者の一人となった。
 彼はイスラーム教としては少数派のアラウィー派に属していたが、多数派のスンナ派を巧みに味方に付け、独裁的な権力を獲得した。1973年の第4次中東戦争では、エジプトのサダトと共にイスラエルと闘い、ゴラン高原の奪回をはかったが失敗した。1975年からは西に隣接するレバノンに介入し、国際的な批判を受けた。2000年に死去し、大統領の地位は息子のバッシャール=アサドに「世襲」された。

二代目アサド政権とシリア内戦

 アサド政権が世襲され、独裁政治が続く事に対し、シリア内部の民主化を求める声が強まったが、二代目バッシャール=アサドはロシアの支援を受けて国際的には権力を維持することが出来ていた。そのようなところに、2011年、チュニジアに起こったアラブの春といわれた民主化運動がシリアにも及び、反アサド暴動が起こった。アサド政権は反政府運動を厳しく弾圧したため、ついに反政府側は武装し、激しいシリア内戦となった。内乱が深刻になるとともに、アサド政権はクルド人の自立の動きに加えて、2014年からは新たなイスラーム過激派による「イスラーム国(IS)」の出現という脅威にさらされ、一時は国土の大半を失うほどの打撃を受けた。アメリカが民主化を支持することを掲げてアサド政権打倒をはかり、反政府軍を支援したのに対して、ロシアや同じシーア派で繋がりのあるイランの軍事支援を得たアサド政権は盛り返していった。結局、反政府側の歩調が合わず内部で対立していることもあって、アサド政権は支配地域を次第に奪還して、2018年4月までにイスラーム国をほぼ壊滅に追いやり、反政府軍に対しても優位を回復した。
印 刷
印刷画面へ