印刷 | 通常画面に戻る |

ネストリウス派

エフェソス公会議で異端とされたキリスト教の一派で、東方に伝わって中国で景教といわれる。

 4世紀にキリスト教正統の教義とされたアタナシウス派三位一体説を否定する有力な教義であったが、431年のエフェソス公会議で退けられ、異端とされた。
 コンスタンティノープルの総大司教のネストリウスは、マリアを「神の母」と呼ばず「キリストの母」と呼ぶことによって、キリストの人性を明確に示そうとした。彼は人性と神性は区別されるべきであり、キリストの人性は受肉によって神性と融合し、単一の神性を有した、と主張した(単性説と言われる)。これに対するアレクサンドリアの司教キュリロスは、キリストは人性と神性の両性をそなえていると反論し、激しい議論が続いた。

中国に伝わり景教といわれる

 その後、ネストリウス派のキリスト教は、東方に広がり、イランを中心に独自の発展を遂げ、ササン朝ペルシアを通じ中国に伝わり、中国では景教と言われた。唐の都長安には景教の寺院が建てられ、信者が多かった。長安における景教の流行については、大秦景教流行中国碑によって伝えられている。宋代以降は中国の景教は衰えたが、ネストリウス派は中央アジアを中心に存続し、現在もイラクや南インドにわずかだが残存している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ク.迫害から国教化へ