印刷 | 通常画面に戻る |

エフェソス

小アジア西岸、ミレトスと共にイオニア地方の中心都市として繁栄。壮大なアルテミス神殿があったことでも有名。ローマ時代には属州アシアの州都となった。

イオニアの一都市

小アジア エフェソスの位置地図
エフェソスの位置 ●赤字は古代重要地名
 エフェソス Ephesos は小アジアの西岸、エーゲ海に面したギリシア人の都市。エペソスとも表記する。前11世紀ごろ、イオニア人が入植して建設した伝承をもつ。 南のミレトスと並んで交易で栄え、前6世紀にはイオニア自然哲学の中心の一つとなった。イオニア自然哲学の一人で、「万物は流転する」と説いたことで知られるヘラクレイトスはエフェソスの人であった。
ペルシア帝国の支配 前6世紀後半、オリエント世界の四国分立時代にはリディア王国の支配を受け、クロイソス王はこの地に巨大なアルテミス神殿を建造したという。この神殿は世界の七不思議の一つに数えられている。リディア王国を滅ぼしたアケメネス朝ペルシアの支配がこの地に及ぶと、王の道の起点で会ったサルデスにつながる港湾都市として栄えた。当時のエフェソスは、港から外海のエーゲ海に繋がっていた。
イオニアの反乱 ペルシア帝国はイオニア地方の諸都市の交易活動に介入し、その活動を制限しようとした。それに対して、前499年、ミレトスなどのイオニア諸都市がペルシア帝国に対する反乱を開始した。このイオニアの反乱をアテネなどのポリスが支援したことから、ペルシア帝国軍によるギリシア遠征が企てられ、ペルシア戦争となった。三次にわたる戦争はペルシアの敗北で終わり、アテネを中心とするポリス連合軍によってエフェソスも解放された。ギリシアの覇権を握ったアテネはデロス同盟を組織、エフェソスも同盟に加盟した。しかし、アテネとそれに対抗するスパルタとの間でペロポネソス戦争が始まると、前412年頃、エフェソスはアテナイから離反してスパルタ側についた。
ヘレニズム時代 アレクサンドロス大王がギリシアからオリエント世界にまたがる大帝国をつくり、ヘレニズム時代が到来した。エフェソスは大王の死後、ディアドコイの一人のリュシマコスの勢力下に入りった。前301年、リュシマコスは王を称し、一時期最も優勢となって小アジア全土を抑えたが、前281年、セレウコス朝シリアと戦って敗れ、その死後、王国は分解した。エフェソスはその後、やはりヘレニズム国家のひとつであるペルガモン王国に統合された。
属州アシアの州都 しかし、西方のイタリア半島から興ったローマの勢力が及び、前133年にペルガモン国王が領土をローマに献上たため、エフェソスはローマの属州アシアの州都となった。前1世紀末、オクタウィアヌスと対抗したアントニウスクレオパトラは連合軍の本拠を一時エフェソスに置いた。

Episode 世界の七不思議、アルテミス神殿

 エフェソスには、世界の七不思議の一つにあげられているアルテミス神殿があった。ギリシアの女神アルテミス(ディアナとも言う)を祀った像で、雲を突く巨像だったという。アルテミスはエフェソスでは豊穣をもたらす女神とされ、その像には乳房が沢山ぶら下がっていたという。前700年頃にすでにあったらしいが建造の由来は判らない。何度か立て替えられ、リディア王国のクロイソス王の再建はよく知られている。アレクサンドロス大王が生まれた夜に放火によって崩れたという話がプルタルコスの『英雄伝』にでている。大王の死後、再建されたが、ローマ帝国の262年に破壊され、そのころからエフェソスの住民がキリスト教徒となったので、再建されずに忘れ去られた。現在ではその姿を見ることはできないが、19世紀にイギリス人によってアルテミス神殿の跡といわれる遺跡が発見され、遺品の一部は大英博物館に保存されている。

ローマ時代のエフェソス

 ローマ時代には属州アシアの州都とされ、円形劇場や神殿などのローマ風建築が多数建造された。現在のエフェソスは、海岸線が後退し、外海から切り離されためもあってその繁栄は失われ、遺跡として残っているだけであるが、ギリシア・ローマ時代の古代都市遺跡として整備が進み、世界遺産に登録されている。(下図参照)
エフェソス遺跡地図
GoogleEarth
遺跡名は『ローマ帝国―地図で読む世界の歴史』p.74による
エフェソスの図書館遺跡

エフェソス遺跡。ローマ時代の紀元後2世紀初めに建造された、ケルススの図書館跡。柱と壁は大理石。壁には1万2000巻の蔵書が収められていたという。 (トリップアドバイザー提供)




エフェソス公会議

431年、東ローマ帝国がキリスト教の公会議を開催し、ネストリウス派を異端と断定した。

エフェソス公会議

 キリスト教の教義に関する重要な第3回の公会議として、431年、東ローマ帝国皇帝テオドシウス2世が開催した。エフェソスは小アジアのエーゲ海岸(位置は上の地図を参照)。
 キリスト教は313年に公認されてから教義の統一がはかられ、325年のニケーア公会議と381年のコンスタンティノープル公会議によって、アタナシウス派の「父と子と聖霊」は本質において同一であるという三位一体説が正統とされた。その上で、392年にローマ帝国の唯一の公認宗教である国教としての地位が確定した。同時に、まもなくキリストの性格を巡って、深刻な教義論争が起こった。それは神性と人性の両性が一体となったものなのか、それともそのいずれかの本性に収斂された単性を有するのかという論争が起こった。それに決着を付けるために召集されたのがエフェソス公会議であった。特に後者の教理を説いたネストリウス派の教説に対して異端であるかどうかが討議された。
 深刻な神学論争が繰り返された結果、イエスの本質を人性にあるとするネストリウスの教説が異端とされた。その結果、議題はのイエス人性説を認めるかどうかであったが、それは異端として退けられ、正統である三位一体説が強化されて終わった。

イエスは神か人か

 キリスト教の教義の統一という課題は、第1回のニケーア公会議でアタナシウスの「父(神)と子(イエス)は同質である」という説が正統とされ、キリストを神の子である人間であるとするアリウス派は異端であるとされた。次いで第2回のコンスタンティノープル公会議では「父と子と聖霊」の三位一体説が採用され「ニケーア=コンスタンティノープル信条」として正統信仰が確立したとみられていた。
 しかし、父と子は同質であると言っても、特にイエスの本質とされる「神性」と「人性」は、その両性を有するのか、あるいはいずれかの単性であるのか、について次第に見解が分かれてきた。アレクサンドリア派は神性を重視し、アンティオキア派は人性を重視する傾向があった。ネストリウスはアンティオキア派に近く、イエスを神だとすれば、その母マリアは人なのだから、人が神を産んだことになって神が創造主であると言うことが成り立たなくなると考え、マリアを「神の母」(テオトコス)と呼ぶことに反対した。これに対してアレクサンドリア総主教のキュリロスはキリストにおいて神と人との二つの本性は一つになっている、人性は神性に満たされて神化したと唱え、ネストリウスを批判した。
 実は、皇帝テオドシウス2世が下した判定は、両者の罷免・追放ということであった。その結果、ネストリウスは追放されたが、キュリロスは宮廷の高官に取り入って復位しアレクサンドリアに復帰した。さらにローマとアンティオキアの総主教がマリアを「神の子」であると認めたため、キュリロスの主張が多数派となった。

ネストリウス派の東方布教

 ネストリウス派は異端とされたため、ローマ帝国では布教が認められなくなり、帝国領外の東方に拡がっていった。そしてササン朝ペルシアを経て、中国に伝えられ、唐では景教といわれて、多くの寺院が建造されたことが知られている。 → カルケドン公会議

参考 ネストリウス派の主張

(引用)ニケーア公会議において、キリストは神と同質であるとする「同質論」によって、さしも紛糾した問題はいちおう公式には解決されたことになった。しかし、キリストの神性に関心が集中しすぎたため、当然同質論の前提にある「キリストは人間でもある」ことと、それに付随して起こってくる「それではキリストにおいてその神性と人性は、どのようなあり方をするのが」という重要な点は必ずしも明確な決定をみないまま残された。それゆえこの間題をめぐってニケーア公会議の後、ラオディケイアの司教アポリナリオスに代表されるキリストの神性を強調するものの出現、これへのアンティオキア学派の猛然な反対、その系譜につらなってマリアを「神の母」と呼ばず「キリストの母」と呼ぶ、ことによって、キリストの人性を明確に示そうとしたネストリウスの主張、更にこれに対するアレクサンドリアの司教キュリロスの反論と激しい抗争が続いた。431年のエフェソス公会議はネストリウスの主張を退けたが、それがかえってキリスト単性論を台頭させ、449年エフェソスの「強盗会議」(ラトロキニウム)はこれを承認するという有様であった。<半田元夫『キリスト教史Ⅰ』p.200>
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

クリス・スカー/
吉村忠典監修/矢羽野薫訳
『ローマ帝国
地図で読む世界の歴史』
1998 河出書房新社