印刷 | 通常画面に戻る |

エフェソス/エフェソス公会議

小アジア西岸の古代都市。431年、東ローマ帝国がキリスト教の公会議を開催し、ネストリウス派を異端と断定した。

古代都市エフェソス

 エフェソス Ephesos は小アジアの西岸、エーゲ海に面したギリシア人の都市。前11世紀ごろ、イオニア人が入植して建設した伝承をもつ。前6世紀のオリエント世界の四国分立時代には、リディア王国の支配を受け、クロイソス王はこの地に巨大なアルテミス神殿を建造したという。この神殿は世界の七不思議の一つに数えられている。リディア王国を滅ぼしたアケメネス朝ペルシアの支配がこの地に及ぶと、王の道の起点で会ったサルデスにつながる港湾都市として栄えた。さらにローマ時代になると属州アシアの州都とされた。したがってエフェソスには劇場などの古代都市としての遺跡が多く残されている。イオニア自然哲学の一人で、「万物は流転する」と説いたことで知られるヘラクレイトスはエフェソスの人であった。

エフェソス公会議

 431年、東ローマ帝国皇帝テオドシウス2世が開催した公会議。エフェソスは小アジアのエーゲ海岸。議題はネストリウス派のイエス人性説を認めるかどうかであったが、それは異端として退けられ、正統である三位一体説が強化されて終わった。その後、ネストリウス派は東方に拡がり、ササン朝ペルシアを経て、中国に伝えられ、唐では景教といわれて、多くの寺院が建造されたことが知られている。 → カルケドン公会議

ネストリウス派の主張

(引用)ニケーア公会議において、キリストは神と同質であるとする「同質論」によって、さしも紛糾した問題はいちおう公式には解決されたことになった。しかし、キリストの神性に関心が集中しすぎたため、当然同質論の前提にある「キリストは人間でもある」ことと、それに付随して起こってくる「それではキリストにおいてその神性と人性は、どのようなあり方をするのが」という重要な点は必ずしも明確な決定をみないまま残された。それゆえこの間題をめぐってニケーア公会議の後、ラオディケイアの司教アポリナリオスに代表されるキリストの神性を強調するものの出現、これへのアンティオキア学派の猛然な反対、その系譜につらなってマリアを「神の母」と呼ばず「キリストの母」と呼ぶ、ことによって、キリストの人性を明確に示そうとしたネストリウスの主張、更にこれに対するアレクサンドリアの司教キュリロスの反論と激しい抗争が続いた。431年のエフェソス公会議はネストリウスの主張を退けたが、それがかえってキリスト単性論を台頭させ、449年エフェソスの「強盗会議」(ラトロキニウム)はこれを承認するという有様であった。<半田元夫『キリスト教史Ⅰ』p.200>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ク.迫害から国教化へ