印刷 | 通常画面に戻る |

三位一体説

アタナシウス派によって理論化された、神とイエスと精霊の三者はそれぞれ別な位格をもつが実体としては一体である、という神学説。325年のニケーア公会議に始まる数回の公会議を通じて、キリスト教の正統教義とされた。

 キリスト教の根幹である、イエスの本姓についての見解であり、「父(神)と子(イエス)と精霊」は三つの位格をもつが本質的に一体であるという説。位格とは面(ペルソナ)としてそなわっている姿であり、実体(サブスタンシア)としては一体であるという。アタナシウスに端を発する思想で、ローマ時代の数回にわたる公会議で、イエスの神聖を否定する傾向にあるさまざまな教説を異端として排除して、正統の地位を築いてきた。その後のローマ=カトリック教会(西方教会)、ギリシア正教会(東方教会、コンスタンティノープル教会)、宗教改革後のプロテスタント諸派も三位一体説においては一致しており、キリスト教の最も重要な教義となっている。

ニケーア公会議

 325年のニケーア公会議では、アタナシウスの、子なる神としてのイエスの神性を認める説を正統とすることで落着したが、ついで聖霊をどう考えるかという新しい間題が加わった。キリストが地上を去った後、罪や死や律法から人類を救い、信者に信仰と心の平和を写えるのは、聖霊という形で信者の心に宿るキリストであると考えられた。しかし、聖霊に神性を認めれば、論埋的には多神教となってしまう。会議後もアリウス派の勢いが盛り返し、一時アタナシウスの説は逆境に経ち、対立が続いた。

コンスタンティノープル公会議

 ようやくテオドシウス帝によって381年に召集された第一コンスタンティノープル公会議で、聖霊の神性は認められ、神は父と子と聖霊なる三つの位格(ペルソナ)を持つ、すなわち、父なる神と子なるイエスと聖霊とは各々完全に神である、が、三つの神があるのではなく、存在するのは一つの実体(スブスタンティア)、一つの神である、とされた。これが三位一体説であり、教会(その後分離するローマ教会も東方教会も)の現在に至る基本的な正統の教理とされる。また、この二回の公会議で確定した教義なので、「ニケア=コンスタンティノポリス信教」などという。

単性説の否定

 次いで三位一体説を否定しキリストの人性を認めるネストリウス派との間で論争が生じたが、431年のエフェソス公会議でそれを異端と断じ、さらにその流れをくむ単性説に対しては451年のカルケドン公会議で異端として退け、三位一体説が正統の教理として確定した。

三位一体説のパラドックス

(引用)ニケーアの公会議で問題とされたのは、父なる神に対するイェスの人性、神性をめぐる議論であった。これは、子なる神としてのイェスの神性を認めることでいちおう落着したが、聖霊をどう考えるかという新しい間題が加わってまたまた困難な事態が起こってきた。神から遣わされて自らも神であるキリストが地上を去った後、罪や死や律法から人類を救い、信者に信仰と心の平和を写えるのは、聖霊という形で信者の心に宿るキリストであると考えられた。だからはしめからパウロなどは、聖霊はキリストと有機的に結ばれていると考えていたのである。それでは聖霊も神性を待つといえるのだろうか。そういえるとすれば、キリスト教は論埋的には多神教となってしまう。マケドニア学派の神学者たちが、キリストの神性は認めながら聖霊の神性を否定したのは、一神教であることを守ろうとする精一杯の論理的抵抗であったと考えることができる。この紛糾を最終的に解決したのが、テオドシウス帝(在位379~395)によって381年に召集された第一コンスタンティノープル公会議であった。この会議によって、聖霊の神性は認められ、神は自らを同時に、父と子と聖霊なる三つの位格(ペルソナ)の中に示す一つの神と宣言された。すなわち、父と子と聖霊は各々完全に神である。が、三つの神があるのではなく、存在寸るのは一つの実体(スブスタンティア)、一つの神であることが決定されたのである。x=3xという方程式は、x=0の場合を除き成立しない。けれども、xの性格が神秘性であり、信仰によって理解されるために、信者の心には素直に受け人れられ、豊かな恵みを約束するものとして定着したのである。これが三位一体論のパラドックスである。<半田元夫『キリスト教史Ⅰ』山川出版社 1977 p.199>

アウグスティヌスの三位一体論

 アウグスティヌスが400年ごろ完成させた『告白』の第13巻は、キリスト教の原理としての三位一体説を次のようなたとえで説明している。
(引用)私は、人々がこの三つのもの(父と子と精霊)を、自分自身のうちに考察してみたらどうかと思います。もちろんこの三つのものはかの三位一体とは、はるかに異なっています。それにもかかわらず私がそれについて話すのは、そこで彼らが思惟を訓練し、それが三位一体といかに異なるものかを、たしかめ、了解するためです。
 ところで私のいう三つのものとは、「存在する」「知る」「意志する」、これです。すなわち、私は存在し、知り、意志します。私は、知りかつ意志する者として存在し、自分が存在しかつ意志することを知り、また、存在し意志することを知ります。
 それゆえこの三つにおいて、生はいかに不可分離で一なる生、一なる精神、一なる存在であるか、要するに、それがいかに分かたれ得ぬ区別でありながらしかもやはり区別であるかを、見ることのできる者は見るがよい。たしかに、各自は自分自身に直面しています。各自、自分を注視し、よく見て、その見たところを私に答えるがよいい。<アウグスティヌス/山田晶訳『告白Ⅲ』中公文庫 p.198>
 しかしこの説明は、よく読めばわかるように、神が三位一体であることを論証しようとしたものではない。「むしろ逆です。神が三位一体であるという信仰が先に在り、その信仰にもとづいて、神の三位一体とのアナロギィによって、精神の三一的構造を探求」している。それがアウグスティヌスの三位一体論である。<山田晶『アウグスティヌス講和』1986 新地書館 p.198 講談社学術文庫で再刊>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ク.迫害から国教化へ