印刷 | 通常画面に戻る |

正統

正しい教義として公認された教説及びその一派。異端に対して言う。

 キリスト教が、313年にコンスタンティヌス帝の出したミラノ勅令によって、ローマ帝国で公認されてから、教義の統一が必要とされると、いくつかに分かれて対立していた司教たちを一本化する必要が出てきた。そのため、コンスタンティヌス帝は325年にニケーア公会議を招集し、皇帝の前で両派に議論を命じ、その上でアタナシウス派三位一体説を正しい教であると決定した。  この正統教義のことをオーソドクス(orthdox)という。その後も、特にイエス=キリストを人間そのもの認めるのかどうかが争点として、たびたび教義の対立が生じ、そのつど公会議で異端を排除しながら正統を形成していった。キリスト教の正しく公認された教理である公認されない教義は異端とされたが、正統が正統であり続けるには、常に異端を創り出さなければならなかったという傾向がある。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ク.迫害から国教化へ