印刷 | 通常画面に戻る |

サイゴン/ホーチミン市

ベトナム南部最大の都市。フランス領インドシナの拠点、戦後のベトナム共和国の首都としてサイゴンと言われていたが、ベトナム戦争後の1975年にホーチミン市に改められた。

 ベトナム南部のメコン川大三角すにつながるサイゴン川に面したこの地は、豊かな土壌に恵まれ、サイゴン川を利用して外洋にも出ることができ、メコン上流ともつながっていることから、ベトナムの歴史上も重要な位置であった。その都市名や性格は大きく言って、プレイ=ノコール→ザディン→サイゴン→ホーチミン市という四つの時期に分けることができる。

プレイ=ノコール カンボジア領

 ベトナム南部の地域は、長くクメール人の居住地であったので、この地もカンボジアアンコール朝)の支配下にあって、プレイ=ノコールと言われていた。そのころは小さな集落であったに過ぎなかった。

ザディン ベトナムの阮朝領

中部ベトナムに興ったベトナム人阮朝は、17世紀中葉から盛んに南下政策(南進)を進め、17世紀末にはベトナム中部のチャム人(かつてのチャンパー)を一掃し、さらにカンボジアの内紛に乗じてベトナム南部に進出し、1698年にこの地を制圧してザディン(嘉定)と名づけた。
中国人地区の形成 18世紀末には阮福暎がザディンを拠点として、中国系の住民(華僑)の商業活動を保護し、1778年に中国人地区(チョロン)が形成され、華僑はこの地での米の輸出などの貿易を活発に行い、それがこの地の商業都市としての発展の基盤となった。

サイゴン フランス領インドシナの拠点

 19世紀にフランスのナポレオン3世インドシナ出兵を行いって植民地化に乗り出し、その拠点としてここに国際貿易港を建設した。1862年にはサイゴン条約によってフランスに割譲され、コーチシナ植民地の首都となった。フランスは、1880年からはこの地をサイゴンと言うようになった。以後、サイゴンはフランス領インドシナ連邦の中心都市として、フランス風の都市建設が行われ、「東洋のパリ」といわれる近代的都市へと急速に発展した。その経済を支えたのは隣接するチョロンの華僑たちであった。
南ベトナムの首都サイゴン 第二次世界大戦後、1955年にベトナム共和国(南ベトナム)が成立すると、その首都となった。フランス撤退後はアメリカに支援された南ベトナム政府が治め、1965年頃からベトナム戦争に突入したが、商業都市サイゴンは依然として活発な活動を続けていた。しかしベトナム戦争は北ベトナム(ベトナム民主共和国)と南べトナム解放民族戦線が勝利し、アメリカ軍は撤退、さらに北ベトナム軍が南ベトナム軍を追撃して、ついに1975年にサイゴン陥落となって、ベトナムの統一が完成した。事実上、北ベトナムによる南ベトナムの併合であった。

ホーチミン市への改称

 1975年、サイゴンを革命指導者ホー=チ=ミンを讃えて、ホーチミン市と改称、翌76年には統一ベトナム=ベトナム社会主義共和国が成立した。一般に、都市名としては人名と区別してホーチミンと表記することが多い。
 それまで資本主義経済にで繁栄していた都市に対して、政府は一気に社会主義化をはかり、私有財産の否定、私企業の公営化などが強行されたため、多くの市民は恐慌に陥り、ベトナムからの脱出を図った。多くの旧サイゴン市民が、船で海上に乗り出して脱出を図ったのでその多くは遭難したり、シャム湾の海賊の餌食となり、彼らベトナム難民は「ボートピープル」といわれて国際的な問題となった。
経済の復活 1985年頃から、ベトナム政府はドイモイという改革開放路線に転換、資本主義・市場経済を取り入れるようになり、旧サイゴンの経済も復活しはじめ、かつての賑わいを取り戻しつつある。旧サイゴンのホーチミン市はベトナム一の人口を有しているが、ベトナムの政治の中心は北のハノイに握られている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ウ.東南アジアの植民地化