印刷 | 通常画面に戻る |

東南アジアの大陸部(インドシナ半島)

東南アジアのインドシナ半島の地域の風土。

 大陸部または半島部とも言う。紅河メコン川チャオプラヤ川、イラワディなどの大河の流域の平野部は豊かな米作地帯である。この地域の民族は、オーストロアジア語族(南アジア語族)といわれる、ベトナム人モン人クメール人(カンボジア人)がまず活動しており、中部ベトナムにはオーストロネシア語族チャム人がいた。ついでシナ=チベット語族に属しはじめ北方の山岳部にいたタイ語族のタイ人ラオ人が7,8世紀に南下して定着した。またイラワディ川中流には同語族の中のビルマ人がモン人と抗争しながら定着した。

インドシナという呼称

 東南アジアの大陸部(または半島部)をインドシナというのは、インドと中国の中間に位置するところからヨーロッパ人が名付けたもの。現在、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマーの5カ国がある。マレー半島は諸島部にはいる。中国文明とインド文明の双方の影響を受け、多くの民族が歴史を形成してきた。

中国文明の影響

 紀元前5世紀頃から北部ベトナム地方には中国文明の影響が及び、青銅器文明であるドンソン文化が形成され、秦・漢時代からは中国王朝の直接支配を受け、唐時代頃まで続いた。

港市国家の形成

 1世紀頃から海岸地方には河川を利用して内陸の物品を集め、海洋を利用してインドや中国などと交易をする港市国家が発達した。1世紀末にベトナム南部に現れた扶南がその例である。同時に扶南にはインド文明の影響が見られ、インド化の第一段階が始まった。中部ベトナムに現れたチャンパーも港市国家として栄えた。

インド化の進展

 紀元後3世紀頃からインドの影響を強く受け、「インド化」が進んだ。宗教面では4世紀のインドのグプタ朝で栄えたヒンドゥー教文化が伝わり、7世紀に成立したクメール人のカンボジアではヒンドゥー教が信仰された。一方、現在のビルマピュー人やビルマからタイの北方にいたモン人上座部仏教を信仰した。

仏教の普及

 大陸部ではヒンドゥー文化と仏教信仰が重層的に重なり合って独自の文明を形成していく。12世紀に建造されたカンボジアのアンコール=ワットもはじめはヒンドゥー寺院として造られたが後に仏教寺院とされた。次第に仏教(上座仏教)が優勢となり、特にビルマ、タイでは王権の保護を受けて栄えた。特にビルマのパガン朝は多くの造寺造仏を行ったことで知られる。

植民地化

 18世紀以降、タイをのぞいてイギリスとフランスに分割された。ビルマはイギリス=ビルマ戦争に敗れ、イギリスの植民地支配を受け、ベトナム・ラオス・カンボジアのインドシナ三国はフランスの植民地となりフランス領インドシナ連邦を構成する。その中間にあったタイ(シャム)のみが独立を維持することができたが、領土は大幅に削減されることとなった。

大陸部諸国の領域

 現在の国家ではベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー(ビルマ)にあたるが、以下に登場する東南アジアの歴史上の国々は必ずしも現在の国と領域が一致しない点に注意すること。カンボジアのクメール王国は一時はインドシナほぼ全域を支配し、ビルマのコンバウン朝も一時期はタイを支配した。タイのラタナコーシン朝も現在のタイよりも広大な領土を支配していた。また、ベトナムは、18世紀までは北部ベトナム(紅河流域)、中部ベトナム、南部ベトナム(メコンデルタ地帯)は別個な国家であったことに留意すること。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章2節 ア.東南アジアの風土と人びと